秘密のケンミンSHOW

うす茶糖(ウス茶糖)とは?カロリーやアレンジレシピも一挙公開!

一部では静岡県の隠れた名物「うす茶糖」。静岡に来て何気なく飲んだ「うす茶糖」の味にハマる人も続出中!

ですが美味しい半面、気になるのが「うす茶糖」に含まれるカロリー。

どれくらいカロリーが含まれているのか、また、うす茶糖の超簡単アレンジレシピなど、お得な情報を紹介します。

それと、「うす茶糖」と「ウス茶糖」。実は違いがあるのですが、何かわかりますか?

スポンサーリンク

うす茶糖とは

うす茶糖とは静岡県の竹茗堂という会社が販売しているお茶です。

静岡が東京に近いせいか、東京でも一部の人はその存在を知っています。

うす茶糖とは、数種類の抹茶をブレンドしたお茶に、グラニュー糖とシナモンを加えたお茶です。

ここがポイント

日本人からしたら「お茶に砂糖!?」って感じですが、外国ではお茶に砂糖を入れるのは一般的です。

お茶の本場、中国でも砂糖入りのお茶が普通です。

上品な白ザラを使用

うす茶糖に入っているグラニュー糖は実は「白ザラ」という砂糖で、高純度の結晶が美しい砂糖です。

上品な甘さで素材の味を邪魔しないため、お上品なお宅でセレブが使っている砂糖なのですが(偏見あり)、

うす茶糖にはその白ザラが使われているため、のどごしがよく甘すぎない上品な味に仕上がっています。

隠し味に使われるシナモンも味のアクセントにとても合ってます。

ウス茶糖とうす茶糖

ウス茶糖というカタカナ表記と、うす茶糖というひらがな表記。

静岡県の竹茗堂さんでは、この二つの使い分けを明確にされています。

実は、ウス茶糖にはもう一つ「うす茶あられ」という関連商品もあるのですが、

少し配合が違うものの両方とも同じ「粉末緑茶飲料」です。

ウス茶糖・・・冷たい水で溶かして飲むタイプ。夏場に冷たい水で飲むタイプのウス茶糖は、涼しい雰囲気のあるカタカタ表記の「ウス茶糖」。

うす茶あられ・・熱いお湯に溶かして飲むタイプ(あられ入り)。熱いお湯に溶かして飲むタイプは、暖かさのあるひらがな表記の「うす茶あられ」。

竹茗堂さんでは、このように区別しているのです。

なるほど、雰囲気が違うので商品名もカタカナとひらがなに分けたんですね~。

シャレと心遣いが心地良いです( ´∀`)。表記違いの意味を知らなければ、ややこしいだけですけどね(´・ω・`)

うす茶糖のカロリー

通常、お茶は基本的に0カロリーですが、うす茶糖は白ザラが入っているためカロリーがあります。

ですが、そこまで高カロリーではありません。

うす茶糖のカロリー
ウス茶糖:389Kcal/100g
うす茶あられ:397Kcal/100g

一回当たり10g~15gうす茶糖の粉末を使用すると仮定して計算すると、一杯あたりのカロリーは以下の通りになります。

一杯当たりの「うす茶糖」のカロリー
ウス茶糖:38.9kcal~58.4kcal
うす茶あられ:39.7kcal~59.6kcal

以上のようなカロリーになりました。

うす茶糖と他の清涼飲料水との比較

じゃあ他の飲み物とどれくらいカロリーが違うの?と気になるところ。

一般的なコップの容量は180ml~200mlです。ここでは200mlと想定して各カロリーと比較すると・・・

ウス茶糖のコップ一杯のカロリー
38.9kcal~58.4kcal

コーラのコップ一杯のカロリー
⇒約90kcal

ポカリスエットのコップ一杯のカロリー
⇒約50kcal

つまり、うす茶糖はグラニュー糖が入っているものの、カロリーはコーラなどの一般的な清涼飲料水よりも低く、

ポカリスエットなどのスポーツドリンクと同様のカロリーとなります。

うん、これならカロリーをそこまで気にしなくても良さそう。

ただ、うす茶糖は本当に美味しいですので、勢い余ってがぶ飲みしないように気をつけてくださいw

うす茶糖のレシピ

ある女性の発言
ある女性の発言

「抹茶」に「グラニュー糖」を入れて「シナモンパウダー」を入れたら「うす茶糖」の出来上がり♪

なんだ、家でも簡単にできそうなレシピなんですね♪

という方がたまにいますが、それは大間違い!( ゚д゚ )クワッ!!

いや、確かに材料的を見たらレシピも簡単そうですが、

うす茶糖の上品な甘みや味、そしてシナモンのアクセント、何より厳選されたブレンド抹茶の旨さは、

適当に組み合わせただけでは再現できません!

「なんちゃってうす茶糖」でいいなら適当レシピでいいですが、

本当の「うす茶糖」の味を楽しみたいのなら竹茗堂の「うす茶糖」を購入すべきです。

通販で簡単に手に入りますので。

うす茶糖の通販

うす茶糖は通販で購入できます。

しかし竹茗堂さん以外にも「うす茶糖」を扱っており、各メーカーによってレシピも違うので、

上品な味の「うす茶糖」を飲みたいのでしたら「竹茗堂」の「うす茶糖」を通販でお取り寄せしたほうが良いです。

甘みが強いだけでおいしくない「うす茶糖」もありますからね。シナモンが入ってないものもありますし。

※秘密のケンミンショーで紹介された後は、通販でのお取り寄せ商品が売り切れになる場合があります。

その際は少し日を置くと、商品が入荷されますので、しばらくお待ち下さい。

うす茶糖のアレンジレシピ

うす茶糖は粉末の抹茶飲料ですので、アレンジがしやすいです。

アレンジレシピ1
牛乳に「うす茶糖」を混ぜて「うす茶糖オレ」

アレンジレシピ2
無糖ヨーグルトに「うす茶糖」を混ぜて「うす抹茶ヨーグルト」

アレンジレシピ3
うす茶糖を溶かした水を製氷皿に入れて凍らせれば「うす茶糖氷」

アレンジレシピ4
濃い目に溶かした「うす茶糖」をシロップにした「うす茶糖かき氷」

アレンジレシピ5
アイスに「うす茶糖」を混ぜて「うす抹茶アイス」

アレンジレシピ6
うす茶糖ときなこを混ぜて焼いたお餅にふりかければ「抹茶きな粉餅」

アレンジレシピ7
プレーンのコーンフレークに「うす茶糖」を加えて「抹茶フレーク」

アレンジレシピ8
水に「うす茶糖」を加えゼラチンを入れて冷蔵庫で冷やし固めれば「うす茶糖ゼリー」

などなど、色んなアレンジができますね( ´∀`)

まとめ

秘密のケンミンショーでも紹介された静岡名物「うす茶糖」。

静岡に行かれた方が「うす茶糖」を飲んでハマることも多いそうですが、私も飲んだことがあるのでその意味がよくわかります。

かなり上品な味で抹茶の味も損なわない飲み物になってるんです。

是非一度あなたも飲んでみてください。ハマりますよ♪

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!