ダイエット

血糖値ダイエットの方法と効果 糖質制限ダイエットの違いは?

血糖値ダイエットとは、血糖値の上昇を抑制することでダイエット効果を狙うダイエット方法です。

今までのダイエットというと、「カロリーを抑えろ!カロリーを消費しろ!」という方法が定番でしたが、

最近はダイエットはカロリーよりも「血糖値」に着目したダイエット方法が浸透しつつあります。

血糖値ダイエットのやり方や効果、血糖値ダイエットを行う上での注意点などをまとめました。

スポンサーリンク

血糖値ダイエットとは?

血糖値の上昇を抑えることでダイエット効果を狙うのが血糖値ダイエットです。

じゃあ糖質制限ダイエットとは違うの?と疑問に思いますよね。

血糖値ダイエットと糖質制限ダイエット。同じように見えて実は少し着目点が異なります。

血糖値ダイエットと糖質制限ダイエットの違い

血糖値が急上昇するとエネルギーとして消化しきれずに余った糖は体脂肪に変化します。

ではどうしたら痩せることができるのか?血糖値を上げる糖質の摂取を考えれば良い。

これが新しいダイエットの常識です。

血糖値ダイエットも糖質制限ダイエットも同じ『糖質と血糖値』に着目しているダイエット方法ですが、重視するポイントが少し違います。

糖質制限ダイエットは、摂取する糖質を極力抑えることで、糖が体脂肪に変化しないようにすることが目的です。

糖質制限ダイエットは、血糖値を上げると太るのだから、糖質を取らなければ良いという考え方。

血糖値ダイエットとは血糖値の上昇を抑える(=緩やかにする)ことで、太らないようにするというダイエット方法です。

何から何まで糖質を制限するのではなく、血糖値を急激に上昇させないようにしましょう。というのが血糖値ダイエットの考え方です。

血糖値ダイエットも糖質制限ダイエットも、糖質と血糖値の上昇に着目したダイエット方法なのですから、

私は同じと考えていいと思うんですけどねε- (´ー`*)フッ

血糖値ダイエットのポイントとやり方

血糖値が急激に上がると、余った糖がエネルギーになる。では、緩やかに上がるとどうなるのか?

その前に、なぜ血糖値が上がると太るのかについて説明します。

血糖値が上がるとなぜ太る?

少し難しい話になりますが、血液中の糖はインスリンという代謝ホルモンによって各筋肉や細胞にエネルギーとして運ばれます。

エネルギーとして非常に効率の良い糖ですが、血液中に長くとどまっているとタンパク質と結びついて『糖化』してしまい、肌や血管などを錆びつかせる原因に。

それを防ぐため、インスリンは余った血液中の糖をすぐに体脂肪に変えてしまうのです。

血液中の糖が急上昇⇒体の組織全体に糖というエネルギーが分配される前に、『糖化』を防ぐためインスリンは糖を体脂肪に変える。

血液中の糖の上昇が緩やかだと、糖というエネルギーが細胞全体に届き、エネルギーが余りづらくなります。

つまり・・・

  • 糖質を摂りすぎず
  • 血糖値の上昇を緩やかにする

というのが血糖値ダイエットを行う上でのポイントになります。

血糖値ダイエットの方法

上記のポイントを踏まえた上で、血糖値ダイエットの方法を説明します。

糖質を急激に上げる食べ物を避ける

ポイントは糖質の少ない食べ物を選ぶことです。

今まで多くの方はカロリーだけを気にしていましたが、血糖値ダイエットではカロリーよりも糖質の量を比較するようにしましょう。

また、砂糖やそれに近いものは摂取してすぐに血糖値を上げてしまいます。スイーツや清涼飲料水などがそうです。

血糖値ダイエットでは血糖値をすぐに上げるものは控えるのがポイントになります。

空腹時に甘いものを食べない

空腹時は体がエネルギーを欲している状態と同じ。

そのときに食べ物を摂取すると、体は食べ物をエネルギーにしようとして代謝が高まります。

このような状態のときに糖質を摂取すると、一気に血糖値が上がることになるので、空腹時は糖質を摂取する前に食物繊維が豊富に含まれているものを一番に食べると良いです

こうすると血糖値の急上昇を抑えることができます。

何が何でも糖質を控えるわけではない

血糖値ダイエットと糖質制限ダイエットは似たような考え方ですが、

血糖値ダイエットの場合は徹底的に糖質を避けるというよりも、糖質を控える+血糖値を上げない食べ方をするという点を重視しています。

同じ中華でも、「ニラ玉の方が酢豚よりも血糖値が低いからニラ玉を食べましょう♪」という感じ。

これが糖質制限ダイエットだと、「ニラ玉に使われている『餡』にも糖質が入っているからNG!」になりますからね。

ノンシュガー・糖類ゼロ・糖質ゼロの違い

ノンシュガーや糖類ゼロ、糖質ゼロを前面に出した商品が増えていますが、この違いわかりますか?

◆ノンシュガー
砂糖が入っていないだけで、その他のブドウ糖や麦芽糖やオリゴ糖などが入っている可能性がある。

砂糖は『糖類ゼロ』で説明する「糖類」の一つ

 

◆糖類ゼロ
砂糖やブドウ糖や麦芽糖などは入っていないが、オリゴ糖や炭水化物(食物繊維除く)などが入っている可能性がある。

単糖類・二糖類が「糖類」に分類されます。
単糖類・・・ブドウ糖・果糖
二糖類・・・砂糖・麦芽糖
多糖類・・オリゴ糖

 

 

◆糖質ゼロ
単糖類・二糖類・多糖類および人工甘味料が入っていないもの。炭水化物も含まれる(食物繊維は除く)

つまり、ノンシュガーよりも糖類ゼロの商品を。糖類ゼロの商品よりも糖質ゼロの商品を選ぶようにすると良いです。

人工甘味料は血糖値上昇に影響しませんが、別の形で糖代謝に関わる可能性があるため、控えるのが得策かもしれません。

参考:独立法人 農畜産業振興機構

血糖値ダイエットの効果

※イメージ画像です

友愛病院の水野雅登先生は、ご自身も太っていたために糖質を気にする生活をしたところ、1年で14kgのダイエットに成功されました。

運動はそれほどしていないそうです。それでこの結果はすごいですよね。

水野雅登先生のブログでは「糖質制限」というキーワードで記事を書かれていますが、

極端な糖質制限ではなく、糖質以外の栄養素(タンパク質や脂質)の摂取の重要性もきちんとお話されています。

糖質制限ダイエットをされている人は、糖質だけでなく脂質の制限もされる方が多いのですが、

体の健康を考えると糖質の制限と同時に脂質の制限を極端に行うのはオススメではありません。

血糖値ダイエットの別の効果

糖質を食べ続けて高血糖の状態が続くと、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、認知症、がんにもなりやすいことが最新の研究でわかっています。

体の不調は糖質の摂取のしすぎにあるとも言えなくはないです。

血糖値ダイエットを続けると肌荒れやむくみの改善効果もあります。

まとめ

私はダイエットにかなり前から興味があったのでネットの情報や海外の文献などを結構読んでいました。

10年くらい前から欧米では「カロリーよりも糖質が太る原因になる」という研究結果が出ていましたが、

日本ではその頃、依然として「カロリー大敵!カロリーが太る!」というスローガンのもと、ダイエット方法が横行していました。

10年遅れではありますが、やっと正しい情報が定着してきたんだなぁと感じている今日このごろです♪

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!