美容

自宅でできる美肌菌の増やし方 ポイントは3つだけ!

肌の調子が悪くて・・・。年をとると肌がカサカサになるのよね・・・。美容液を使っても乾燥肌が治らない・・・。

肌の状態を良くするためにいろいろ実践されている方も多いです。最近はその方法に加えて新しい美肌の考え方が注目されています。

それが美肌菌の存在です。美肌菌は肌を美肌に保つために重要な菌で、美肌菌が多い方が肌の状態がよく、潤い肌をキープできるのだとか。

美肌菌とは一体何なのか、3つのポイントをおさえて美肌菌を自宅で増やす方法などを紹介します。

スポンサーリンク

美肌菌とは?

NHK総合で放送された「美と若さの新常識」という番組で取り上げたれた美肌菌。

美肌を育てるのは菌であるという点に着目して研究をされている皮膚科医の出来尾先生によると、美肌菌の存在が肌の保護に一役買っているのだとか。

この先生、実は美肌菌を増やす方法についての本を出版されています。

肌のダメージの原因は?

そもそも、肌がカサカサになるのは肌の水分量が減少しているからです。

紫外線が肌のバリアを剥がして表皮がめくれ上がった状態になり、バリア機能が低下し肌の水分量が減っていく。これがカサカサのダメージ肌の原因です。

そうならないためにはしっかり保湿することが重要

水分量を保つ方法として美容液が今までのやり方でした。

美肌菌が肌のバリア機能を保つ

紫外線対策をして保湿を頑張っているのに、肌が乾燥肌になる方もいます。そういう方はもしかしたら美肌菌が足りていないのかもしれません。

美肌菌とは?

皮膚科医の出来尾先生のいう美肌菌とは、表皮ブドウ球菌のこと。これが美肌に関係があります。

※黄色ブドウ球菌とは違います。黄色ブドウ球菌は肌に悪影響を与える菌です。

美肌菌はグリセリンという物質をたくさん分泌しており、これが肌を保護しています。

グリセリンは、化粧水によく入っている成分で肌の潤いを閉じ込める働きがあります。

美肌菌は肌の表皮だけでなく、内側の隙間にも存在するので、化粧水では届きにくい肌の内側も保護してくれる、ありがたい存在なのです。

美肌菌の美肌効果は?

普通の人は1平方センチメートルあたり、数百~数千個ですが、美容家のIKKOさんはなんと36.000個も美肌菌が存在していました!

多ければ多いほど肌にうるおいを与えてくれる美肌菌。なるほど、IKKOさんの、あの年のわりにはものすごくきれいな肌は、美肌菌のおかげなのかもしれません。

美肌菌の効果
  • グリセリンの分泌
  • 抗菌ペプチドを出して悪玉菌をやっつける
  • 悪玉菌の栄養を取って悪玉菌を減らす
  • 悪玉菌の付着を防ぐ

美肌菌の美肌に対する効果がすごいですね!

美肌菌の増やし方

この美肌菌、持ってない方はとことん持ってませんが、菌ですから増やすことが可能です。

いくつか方法があるのでご紹介します。

美肌菌の数を培養で増やす方法

美肌菌を外から持ってきて数を増やす方法があります。

ただ、単純に美肌菌を培養すればOKというわけではありません。各個人の肌に存在している美肌菌は、個人個人で特徴が違うため、他人の美肌菌を使うという訳にはいかないのです。

個人で美肌菌を増やそうとすると培養などの費用がかかるので、お金がかかります。番組ではクリニックでの培養を行うと、半年で36万円もかかると紹介していました(;´∀`)

これはちょっと手が出ません。でもこんなにお金をかけなくても、自宅で簡単に美肌菌を増やす方法があるんです。

自宅で美肌菌を増やす方法

自宅で美肌菌を増やす方法にチャレンジされたのは元AKBの野呂佳代さん。

自宅でできる美肌菌を増やす方法にチャレンジする前に美肌菌を測定されたのですが、野呂佳代さんはチャレンジ前でも20,000個も美肌菌がありました。

その美肌菌が、2週間のチャレンジ後にはなんと28,000個に増加させることに成功しました!

自宅でできる美肌菌を増やす方法は、3つのポイントを抑えておけばOKです。

1・洗顔方法

朝の洗顔料は禁止。美肌菌が流されてしまうためです。

夜は汚れを落とすために洗顔料で洗ってOK。寝ている間に美肌菌が増えるためです。

2・寝る前の軽い運動

寝る前に軽い腹筋やストレッチをすると、本当に少しですが体が温まって汗ばんできます。この汗が美肌菌を育てるのに有効なのです。

ダラダラと汗をかくまで行うと、体が活発化して寝付きが悪くなるので、あくまで軽いストレッチで十分です。

3・ビフィズス菌ヨーグルトのホエーでパック

ちょっと手間がかかるかな?と思われるのがこれ。ビフィズス菌入のヨーグルトを使ったパックです。

ヨーグルトの上に薄い半透明の上澄みがありますよね?これ、ホエーというもので、乳酸菌が作ったものがたくさん入っている液です。

このホエーを顔に塗ると美肌菌の環境がグッと上がって美肌菌が増えていくのです。

ホエーパックのやり方

  1. ドライタイプのパックをお皿に広げます
  2. その上にホエーを垂らしパック全体に液を染み込ませます
  3. それを5分~10分顔にパックします。週に2回ほど行いましょう。

※ホエーは肌に合わないことがあるので、事前に腕などにホエーを塗ってかゆみや痛みがないかチェックしてから行ってください。

これだけで美肌菌が増加して乾燥しにくい美肌に変わります♪

面倒くさい方は、美肌菌を増やすことに特化した美容液を使うという手もあります。




公式ページ

野呂佳代さんは3つのポイントをおさえて自宅で見事に美肌菌を増やすことに成功しました。

普通の人は数百~数千しかない美肌菌を、二週間で8,000個も増やすことができたのですからすごいですよね。

まとめ

3つのポイントを抑えるだけで、自宅で美肌菌を増やすことができます。

洗顔やストレッチは簡単にできますが、ホエーパックはなかなかできないという方も多いかもしれませんが、そこは専用の美容液を使えば手間はかかりません。

継続すれば美肌菌が肌を守ってくれます。

いつまでも若々しくて瑞々しい肌が手に入るためには努力は必要ですが、美肌を目指してがんばりましょう!

スポンサーリンク

関連記事
error: Content is protected !!