役立ち情報

ブラック・アンド・デッカーの通販と使い方 有吉ゼミで絶賛!

有吉ゼミで絶賛されたミットタイプ(手袋タイプ)の最新スチームクリーナー、『ブラック・アンド・デッカー』。

ものすごく便利なブラック・アンド・デッカーですが、手で使うがゆえに起こりやすいデメリットもあるんです。使ってみないとわからなかったデメリットです。もちろん解決方法も紹介します。

ブラック・アンド・デッカーは今までのスチームクリーナーとは比べ物にならないくらい便利ですよ♪通販でも購入できます。

小回りがきいていろんな場所を掃除できるブラック・アンド・デッカーの特徴などについてもまとめてみました。

スポンサーリンク

ブラック・アンド・デッカーの特徴

ブラック・アンド・デッカーはこれまでにはなかったミットタイプ(手袋タイプ)のスチームクリーナーです。

そのため、掃除の幅もグッと広がります。まずは動画をご覧ください。

かなり掃除しやすいことがわかりますよね。

有吉ゼミで紹介されたときは、「あ、これ持ってる!」って嬉しくなりました( ´∀`)

特徴その1:重くない

ブラック・アンド・デッカーの特徴は重くなくて小回りがきく点です。

本体は2kg。これでも十分軽いですが、基本的には本体は下に置くのであまり本体の重さは関係しません。

ホースが3mと十分に長いので本体を置いておけば、ラクラク掃除ができます。

私は昔のスチームも持っているのですが、重くて準備するのも大変で、細かい場所のスチームもできないため、今は押入れで静かに眠っています。

特徴その2:色んな場所が掃除できる

ブラック・アンド・デッカーの特徴の一つは、スチーム部分が曲がる点。

ミットタイプ(手袋タイプ)でスチーム部分が曲がるため、色んな場所が掃除がしやすいです。

◆コンロの五徳

これ、なかなか掃除しずらいですよね~。ミットタイプだから側面や裏面も簡単にスチームを当てることができます。

◆蛇口

軽く曲げることができるので、水道の蛇口もしっかりと掃除できます。

◆おもちゃ

小さい子供のおもちゃ。いろんな形状で凹凸がありますが、包み込むような形で簡単除菌。

こどもは口の中におもちゃを入れるので、こまめに除菌はしておきたいです。

◆網カゴ

網カゴも、片手で持ちながら片手でスチームできます。

スポンジでゴシゴシしても裏側の汚れが落とせないということもよくありますが、ブラック・アンド・デッカーなら除菌も簡単にできます。

◆床に書かれたクレヨン

上の動画でも紹介されていたとおり、油性クレヨンで書かれた床の汚れも落とせます。

◆ペットのオシッコ臭

床についたペットが粗相したおしっこのシミやオシッコ臭。これもスチーム掃除できれいになります。

特徴その3:パッドは何度も使える

パッドは何度も着脱できて洗うことが可能です。

使い捨てではないため一度ブラック・アンド・デッカーを購入すれば追加でお金がかかることはありません。

ちなみに、いくつか種類が違うパッドが付属されています。

マイクロファイバー
パッド
スタンダードなパッド。机や椅子、傷をつけたくない場所などを掃除するのに最適です。
ハードパッド 少し面が荒いので汚れが酷いコンロやシンクの掃除に!
モップパッド テレビや棚などの掃除に使えます。
ボアパッド 金属部分の掃除(蛇口やドアノブ)に。

※上記のパッドは、通販で増量セットを申し込んだ場合に付属されます。

ブラック・アンド・デッカーのデメリット

ブラック・アンド・デッカーを使ってて気づいた唯一のデメリット。それはブラック・アンド・デッカーのスチームを「着けていない方の手」についてです。

スチームを着けている方の手がやけどすることはもちろんありませんが、掃除中にふと反対の手を近づけてしまって「熱っ!」となることがありました。

人間って普段の掃除で右手と左手を無意識に使っているため、ミットをはめている手に無意識で反対側の手を近づけてしまうことが何度かあったんですよね(;´∀`)

ブラック・アンド・デッカーが本当に使いやすくて、ミットをはめている方の手でスイスイ掃除ができるためか「高温のスチームで掃除している!」という感覚が薄れるんでしょうね~。

うっかり左手を近づけてしまうことが何度かありました。

デメリットと言えば、うっかりによるちょっとした事故くらいだと思います。

デメリット解決方法

私がやってしまったうっかりミス。実はこれ、簡単に解決できます。

その方法は、「ブラック・アンド・デッカーのミットを着けていない方の手に厚手のゴム手袋をはめる」です!

厚手のゴム手袋を反対側の手にはめる!

これでちょっとスチームがちょっと当たっても「熱っ!」ということはなくなりました。

さらに応用して掃除に活用!

応用として、スチームするときに対象物を持って掃除をする時(おもちゃなど)は、軍手をした上で厚手のゴム手袋をすれば、さらに安全に掃除ができます。

この方法を使えば、小さな玩具などの掃除をするときでも最大限ブラック・アンド・デッカーを活用できます。

もちろん直接スチームが当たるような場合はダメですが、離れた位置から軽くスチームが当たる程度の熱さなら、この方法でかなり防げます。

軍手をした上で厚手のゴム手袋をする!

ブラック・アンド・デッカーの通販

有吉ゼミは電気量販店でブラック・アンド・デッカーを紹介していましたが、通販でも購入することができます。

通販で注文するブラック・アンド・デッカーには、本体とスタンダードパッド二枚のみのセット

4種類のパッドが入った「増量セット」などがあるので、ご自身の掃除パターンに合わせて購入できます。

もちろんブラック・アンド・デッカーのパッドは通販で別に注文することも可能です。

専用アクセサリーを使えば、さらに掃除の幅は広がりますね。

窓用スクイジーは結構便利でした。こちらは通販でアクセサリーキットとして、別口で購入することができます。

通販で一番付属の少ないセット(本体と付属のスタンダードパット2枚のみ)を選んで、ブラック・アンド・デッカーがどういうものかを試してみて、

使ってみて良かったら、アクセサリーキットやパッド4種セットを注文するというのもありだと思います。

まとめ

スチームタイプの掃除道具はこれまでたくさん発売されてきましたが、「重たい」「小回りがきかない」などの理由で、

自宅ではあまり活用されていなことが多いでしたが、ブラック・アンド・デッカーはミットタイプでスチーム部分が湾曲するのでとても使いやすくなっています。

また、本体とホースが3mと長いため、水の入っている本体部分を持たずに掃除できるのも便利な点です。

コンロ、お風呂場、シンク、蛇口、鏡、テレビ、棚など、家中の色んな場所を掃除することができるので、結構重宝しています( ´∀`)

スポンサーリンク

error: Content is protected !!