美味しい食べ物

森のレバ刺しの口コミと通販

森のレバ刺しが話題になっています。2012年に生レバーが禁止になったことで当時、民主党政権を馬鹿にする人が続出しました。

確かに生レバ刺しを食べたことで人が亡くなる事件は起こりましたが、

それ以上に生のレバ刺しは多くの人に食べられていたので、政権がわざわざ禁止にする必要はなかったといえます。

その後、自民党政権に変わり、多くの方が「生レバーの解禁」を望んでいます。

生レバー禁止は間抜けな法律ですが、法律が制定された以上、今は守らなければなりません。

いまだに生レバーを望む人が多い中、なんとレバ刺しと食感がそっくりの『森のレバ刺し』なるものが発売されています。

森のレバ刺しの正体はなんと「きのこ」!

実際に食べた方の口コミや、森のレバ刺しの通販についてまとめてみました。

スポンサーリンク

森のレバ刺しの正体

森のレバ刺しに使われているのは、アミタケと呼ばれるきのこです。

アミタケは加熱すると赤紫色に変色し、触った感じや食感がプリップリになります。

そこに目つけたキノコ卸業者の方が、アミタケを加熱処理した後、薄く切ってレバ刺し風に処理したのが『森のレバ刺し』です。

ごま油につけて、軽く塩をつけて食べるのがおすすめだそうです。

森のレバ刺しの口コミ

森のレバ刺しは岩手県で発売されたのですが、全国的にはそれほど認知されていないので、口コミはそれほど見つけられませんでした。

ただ、森のレバ刺しを食べた人の口コミ評価がツイッターに載っていたので紹介します。

なかなかの高評価ですね。これは一度試してみたい食材です(*^_^*)

森のレバ刺しの通販

森のレバ刺しは楽天通販で購入することができます。

色、形、食感は本物のレバ刺しと遜色ありません。

80gで500円ほどですから、まぁそれほど高くはありませんね。

まとめ

迷走していた当時の民主党の、意味のわからない置き土産でもある「生レバーの禁止法」

いつか解禁される時が来るまで、森のレバ刺しは生レバー好きの救いの食材になるのかもしれません。

口コミでもなかなか高評価でしたので、気になる方は一度チャレンジしてみて下さい。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!