ホンマでっか

後をついてくるスーツケースの通販も! ホンマでっかTVでも話題!

旅行にスーツケースは欠かせないアイテムですが、片手がふさがってしまうのが難点でもあります。

でも、自分のあとを自動で付いてくるスーツケースがあったとしたら?

そんな夢のようなスーツケースがホンマでっかTVで紹介されました。

手ぶらで歩いていても、自走式スーツケースはしっかりとあとを付いてきます。

自動で後をついてくるスーツケースの名前はTravelmateという名前ですが、どのような機能があるのかまとめてみました。

スポンサーリンク

自走式スーツケースTravelmateの機能

Travelmateは自動で後をついてくるだけでなく、障害物や段差を避けて付いてくる機能が搭載されています。

移動速度は最高時速9kmですから、小走り程度なら遅れずにしっかりと付いてきます。

また、TravelmateはIotのスーツケースなので、スマホで様々な操作や確認が可能です。

Iotとは

日本語では「モノのインターネット」と呼ばれています。英語ではInternet of Thingsで、身の回りのモノがインターネットとつながるという意味です。

最新家電や最新防犯グッズはIoTのものが多いです。

スマホで操作できる機能

以下はスマホでできる機能です。

スーツケースの重量を確認

重量を確認することでチェックインやチェックアウト時の荷物確認が可能です。

位置確認

付属のGPSタブでスーツケースの位置を確認することが可能です。盗難時やロストバゲージに重宝します。

ロックの施錠・開錠

スマホの通信でスーツケースのロックや開錠を行います。

Travelmate本体に搭載されている機能

Travelmate自体にも様々お役立ち機能が搭載されています。

バッテリー残量をLEDライトで確認

バッテリーの残量をLEDライトで確認することができます。また移動時の方向にLEDライトが点滅する機能も搭載。

データ通信が可能

Bluetooth4.1で大容量のデータ転送が可能です。

USBポート

USBポートが二口付いており、スマホなどの電子機器の充電ができます。
まさしく次世代のスーツケースといった感じですね。

Travelmateに欲しかった機能

いろんな素晴らしい機能が搭載されているスーツケースですが、盗難時のアラーム機能が搭載されていないのは防犯上宜しくないかと感じました。

持ち主から半径何メートルか離れたらスマホに情報が知らされて、アラームを鳴らすかどうかを設定できるなどの防犯機能があればさらに良かったと思います。

スーツケースの価格

Travelmateの価格ですが、3サイズ用意されています。

☑Sサイズが13万6080円
☑Mサイズが16万920円
☑Lサイズが19万80円

Sサイズは機内に持ち込むことが可能なサイズになっています。

価格はたしかに高いですが、話題性のあるスーツケースですので新しいものが好きな人にはウケると思います。

スーツケースの通販

Travelmateは通販でも購入可能です。

ただ、記事を書いていて気づいたのですが、日本ではTravelmateを公道で使ったら、道路交通法に引っかかると思います。

ラジコンを公道で使っても道路交通法に引っかかるのですから、Travelmateの使用は無理そう・・・。

Travelmateは空港など、公道以外の使用になりそうですね。

公式サイトへ

まとめ

自分のあとからペットのように付いてくるスーツケース。

ホンマでっかTVで始めてみたときは「これ欲しい!」と思ったのですが、価格の面でとりあえず購入は見合わせました(;´∀`)

Travelmateは自走してくれるので大助かりではありますが、

スーツケースを横にすると通行人からは目立ちにくくなるので、使用する場合は立てて使用したほうが良いと思います。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!