ダイエット

腹ペタ体操のやり方と効果 ぽっこり下腹が3日で改善!

下腹がぽっこりしてきた・・・。そう悩む方も多いです。

梅沢富美男のズバッと聞きます!では、整体師の森田愛子先生がたった3日でぽっこり下腹を改善する『腹ペタ体操』を公開されました。

毎日無意識に行っている「あること」に注目した体操で、だれでも簡単に行うことができます。

それが「呼吸」。これを意識することで下腹が凹むというのだから驚きです。

スポンサーリンク

下腹ぽっこりの原因

皮下脂肪や食べ過ぎが原因と言われている下腹ぽっこりですが、実のところそれだけが原因ではありません。

お腹周りの筋力が弱っていることで内蔵が下がり、正しい位置からズレてしまうことも大きな原因になっています。

浅い呼吸が下腹ポッコリの原因

ではなぜお腹周りの筋力が弱くなっているかというと、呼吸が浅くなっていることで横隔膜があまり動かないからです。

横隔膜とは

横隔膜とは、胸の空洞(胸腔)とお腹の空洞(腹腔)を分ける膜状の筋肉です。

浅い呼吸の場合、

横隔膜があまり動かないので、本来は呼吸の補助で使われるはずの胸やお腹の筋肉(呼吸筋と言います)が連動して動かないので、呼吸筋が弱くなります。

深い呼吸をすると横隔膜がしっかりと動くようになるので、それに連動する呼吸筋もしっかりと働くようになり、呼吸筋が引き締まります。

その結果、内臓の位置も元通りになりぽっこり下腹が解消されるというわけです。

また、呼吸筋が鍛えられると基礎代謝も上がるため、脂肪燃焼による痩身効果も期待できます。

深い呼吸には背中を柔らかくすることが重要!

「腹ペタ体操を早く教えろ!」という声が聞こえてきそうですが、その前にもう一つ重要なことがあります。

森田愛子先生によると、呼吸が浅くなる原因の一つに「背骨の硬さ」があると指摘しています。

背中が硬くなると背中側が膨らまず、吸い込んだ呼吸が前面(つまり腹部)に逃げやすくなります。これもお腹がぽっこりする原因に。

つまり、深い呼吸を実現するためには、背中側を柔らかくする必要があるというわけですね。

背中が硬い状態だと肋骨が開きませんので、深く呼吸することがむつかしくなります。

腹ペタ体操はダイエット方法ではなく、呼吸を変えることで体を変える、いわば「整体法」。

理屈を知らずに腹ペタ体操だけをやっても、毎日の呼吸が変わらないので腹ペタの効果も薄くなります。

「深い呼吸をするにはどうしたら良いのか?」を意識した上で、腹ペタ体操を行うようにしてください。

下腹ポッコリ体質のチェック

「まだ腹ペタ体操のやり方を紹介しないのか!」という方もいると思いますので、

その場合は下の『腹ペタ体操のやり方』まで進んでいただいて結構です。

「下腹ぽっこり体質になっているかどうか」のチェックは後でもできますからね( ´∀`)

先に下腹ポッコリ体質かどうかチェックしたいという方は、下の項目でチェックしてみて下さい。

☑深呼吸するときにアゴが上向きになる
☑ドアノブを回すときにかなり力が入っている
☑椅子に座ったときにつま先立ちをしている
☑歯磨きの時、歯ブラシを持っていない方の手が宙に浮いている
☑メイクやスタイリングをするときに息が止まっている

5項目のうち2つ以上当てはまっている方は、浅い呼吸をしている可能性があります。

腹ペタ体操のやり方

おまたせしました。腹ペタ体操のやり方を紹介します。梅沢富美男のズバッと聞きます!では、2つの腹ペタ体操を紹介していました。

やり方は簡単です。

腹ペタ体操その1:うずくまり呼吸

  1. 椅子に浅く座るか、正座します
  2. 両手をふわ~と前に出し手を合わせます

  3. 手のひらをひっくり返して肘をくっつけながら肘をお腹にくっつけます

  4. 自然と前かがみになるので、そのまま体を預けて前へ
  5. 手のひらの間に顔が入るようにしましょう
  6. 顔をうずめたまま鼻から息を吸い込みます
    ※背中の方に空気が入るのを意識するのが重要
  7. 口から息を吐きながら体をバンザイします

一回7秒を5回行いましょう

うずくまり呼吸は、うずくまることで体の前側での呼吸を抑制しているので、背中側の横隔膜が必然的に使われます。

背中側の横隔膜が使われると背中が動き、背中の硬さが解消されます。

また、うずくまり呼吸は腹筋が収縮した状態になるため、腹筋も自然と鍛えられるわけです。

ぽっこりした下腹を解消するための、しっかりとした腹式呼吸ができるようになるわけです。

たくさんの息が吸えるようになる呼吸法です

腹ペタ体操その1:手ゴロゴロ


  1. 寝た状態で両手を左右に伸ばします

  2. 左手を右手に向かって沿うように伸ばして右を向きます
  3. おしりから順番に仰向けになり、元の状態に戻します

左右10回ずつ行いましょう。

手ゴロゴロは、背中を順番に捻る動作になるので、背中側の緊張が解けていくようになります。

背中が硬いことが浅い呼吸の原因ですから、手ゴロゴロで背中の緊張を解ければ、深い呼吸をすることができるようになるというわけです。

腹ペタ体操は・・・

背中を柔らかくする
呼吸が深くなる
呼吸筋が引き締まる

という、一連の流れで下腹ぽっこりを解消する結果が生まれるわけですね。

腹ペタ体操の効果

腹ペタ体操を始める前の丸山桂里奈さんの下腹のサイズは89cm。

それがたった3日間、腹ペタ体操を行っただけで、下腹のサイズが83cmに!

つまり-6cmを達成!これは本当にすごい効果ですよね。

丸山桂里奈さんの腹ペタ体操効果

腹ペタ体操前:下腹サイズ89cm
腹ペタ体操後:下腹サイズ83cm(-6cm!)

40代、50代、60代の女性の方も腹ペタ体操を行いましたが、それぞれ-4cm、-4.6cm、-9cmと、とても信じられない結果を叩き出していました。

他の方の腹ペタ体操効果

◆40代の女性:-9cm
◆50代の女性:-4.6cm
◆60代の女性:-4cm

もちろんたった3日間しかやっていません。

腹ペタ体操を毎日の習慣にできれば・・・、ぽっこりした下腹も完全になくなるのは夢ではないかもしれません。

まとめ

梅沢富美男のズバッと聞きます!で、腹ペタ体操に挑戦された丸山桂里奈さんは、食事内容を変えたわけではありません。

やったのは腹ペタ体操だけ。

それでこの結果ですから、腹ペタ体操はぽっこりお腹解消に効果があると言えると思います。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!