健康情報

座タップダンスのやり方と効果 基本の4ステップをマスターしよう!

座タップダンスは中野章三さんが考案したエクササイズで、その名のとおり座ったまま行うタップダンスです。

普通のタップダンスは激しい動きと共に足をタップして踊るため、バランス力や筋力などを要しますが、

座タップダンスなら座ったままでできるので足腰の筋肉が衰えた方でも行うことができる体操になっています。

しかもリズムに合わせてエクササイズを行うため、「楽しく運動ができる!」という点も座タップダンスの魅力の一つです。

1人で黙々とエクササイズを行うよりも、リズムを取りながら体を動かすほうが脳にも刺激が加わるため運動効果は上がります。

そんな座タップダンスのやり方や効果について紹介します。

スポンサーリンク

座タップダンスのやり方

梅沢富美男のズバッと聞きます!では、4つのステップを紹介していました。

座タップダンスではキャスターの付いていない椅子に浅く座り、両手は椅子において行います。

座タップダンスのやり方1:三拍子

  1. 足を前に出しながらつま先を打つ
  2. 足を後ろに戻しながらつま先を打つ
  3. 最後に元の位置に戻して打つ

ちょうどいい動画がありましたのでお借りましました。上の動画は連続三拍子ですので、最初は片足ずつ行うと良いです。

足の裏を刺激することで脳に信号を送り脳が活性化。認知症予防になるそうです。

座タップダンスのやり方2:連続三拍子

  1. 足を前に出しながらつま先を打つ
  2. 足を後ろに戻しながらつま先を打つ
  3. 最後に元の位置に戻して打つ
  4. これを連続して行う

ステップ1の「三拍子」が片足ずつできれば、連続三拍子もすぐにできるようになります。

座タップダンスのやり方3:三三七拍子

  1. 右足で三拍子のステップ
  2. 左足で三拍子のステップ
  3. 右足から左足への連続三拍子
  4. 最後に右足で一回足踏み
  5. 次は左足から始めます

最初の右足ステップで三拍子。

次の左足ステップで三拍子。

右足と左足の連続ステップで六拍子+最後に右足足踏み一回で、合計七拍子。

最初はゆっくりやってコツを覚えていきましょう!

※再生直後から7秒間の間のステップが三三七拍子のステップになります

座タップダンスのやり方4:三三七拍子+拍子

三三七拍子を足でステップし、合間に手を叩いて拍子を入れます。

三三七拍子は123、123,1234567のリズムでしたが、

座タップダンスのやり方4では、1234123412345678のリズムになります。

  1. 右足で三拍子のステップの後、手を一回叩く
  2. 左足で三拍子のステップ、手を一回叩く
  3. 右足から左足への連続三拍子
  4. 最後に右足で一回足踏んだ後、手を一回叩く
  5. 次は左足から始めます

同時に2つの行動をすることで、脳を活性化することができます。認知症予防にはもってこいですね(*^_^*)

 

座タップダンスの動画

座タップダンスは梅沢富美男のズバッと聞きます!(梅ズバ!)でも紹介された体操です。

座タップダンスを披露されたのは、御年81歳(2018年10月の梅沢富美男のズバッと聞きます!放送当時)の中野章三さん。

今でも現役のタップダンサーとして活動されていると言うから凄いです。

座タップダンスの基本のやり方については、動画があったのでそちらを紹介します。

梅沢富美男のズバッと聞きます!(梅ズバ)で新情報や新しいやり方が放送されれば追記します。

見ていただくとわかりますが、まったく筋力が無い方でも強すぎる負荷ではないので、基本的な筋力を付けるのには最適な内容になっています。

ただ、ある程度筋力のある方からすると「簡単すぎない?」って感じるかもしれません。

それに座タップダンスは最後の方でチョロっと出てくるだけですしね(;´∀`)

座タップダンス実践編動画

こちらは座タップダンスの実践編動画です。短い動画ですが、基本のやり方については載っています。

やってみるとわかりますが・・・

足の筋力が付いていない人
筋肉が硬い人
ウォーミングアップができていない人

これらに当てはまる人は、おそらく座タップダンスができません。

その場合は最初の動画に戻って、じっくり足のストレッチ&筋トレを行ってから、座タップダンスをやるようにしましょう。

座タップダンスの効果

座タップダンスは座ったままで行うタップダンスですが、

太ももから市を上げたり足を細く動かす動きをするため、様々な健康効果があります。

座タップダンスの効果

足の筋力アップ効果
下半身の運動機能向上効果
転倒防止予防効果
ストレッチ効果
腰痛改善効果
脳の老化予防

座タップダンスは座ったままの姿勢で、タップダンスのリズムで足を動かすことで、足の筋力がアップします。

またリズムに合わせて足を動かすということで、運動機能の向上効果も期待できます。

運動機能向上は筋トレよりも有酸素運動のほうが効果が高いのですが、それと同じです。

筋力アップと運動機能向上で転倒防止になりますし、足を動かすことでストレッチ効果も期待できます。

下半身の筋肉の機能が向上すると、土台がしっかりと整うことから、

その上にある腰や上半身をしっかり支えることができるため、腰の負担も減り腰痛改善効果も期待できます。

さらに、座タップダンスはリズム運動なので、脳の機能が向上します。(リズム運動は脳のストレスを改善し、機能を向上させる効果がある)

このように座タップダンスには様々な健康効果が見込めるというわけです。

まとめ

座タップダンスのやり方や効果について紹介しましたが、

梅沢富美男のズバッと聞きます!(梅ズバ)では、また違った情報が紹介されるかもしれませんので、

その際は放送後に改めてまとめたいと思います。

リズムに合わせて運動をするタイプのエクササイズ体操は、飽きがこないので続けられるというメリットがあります。

40代を過ぎると、自分が思った以上に急激に下半身は衰えていきますので、

座タップダンスを行って若々しく生き生きと老いを重ねていきましょう♪

スポンサーリンク

関連記事
error: Content is protected !!