健康情報

医療や健康、患者の体験談が検索結果に出てこない場合の対処法

googleは2017年の12月に、医療、病気、健康関連のサイトの検索結果の表示順位について、今までの仕様を変更しました。

命や財産(治療のためにお金を支払う)に関わる検索については、正確な情報を伝えているであろうサイトを検索上位に置く

というやり方に変更したのです。

この変更をしたことで、信頼性の低いサイトや正確性に欠けるサイトは著しく検索結果の順位を下げ、

google側が独自のやり方で判断した方法で「信頼性と正確性が高いサイト」が検索結果の上位に来るようになりました。

ある意味、この方法はメリットもあるのですが、一部のユーザーにとってはデメリットにもなる変更です。

というのも、患者の治療の体験談や闘病日記も軒並み検索順位が下がったため、「同じ悩みを持つ人の意見を聞きたい!」という判断ができなくなったのです。

ここでは、googleの検索結果の順位を変更したことで起こったメリットやデメリット、

また、体験談などを簡単に探す対処法などについて紹介します。

スポンサーリンク

googleの検索順位を決めるシステムとは?

ユーザーが検索したいキーワードを打ち込むことで、膨大な数の記事から最適と思われる記事を選び出すのが、googleの検索ロボットと呼ばれるものです。

googleの検索結果(サイトの検索順位)の決め方は、通常「検索アルゴリズム」と言います。

サイトの内容、サイトの正確性、訪問者の満足度などから検索順位を自動的に決定するシステムです。

医療や健康系のキーワードに新たなアルゴリズムを導入

今までは記事に書かれているキーワードや記事の内容などから判断して、ユーザーが望むであろうサイトを瞬時に順位づけし、

検索結果として表示していたのですが、

医療や健康系のキーワードが含まれる記事に関しては、新たに「信頼性が高く有益な情報を上位に表示する」という名目のもと、

医療従事者や専門家、医療機関等から提供される内容が書かれている記事、もしくは医療機関や専門家の記事を上位に表示するようになりました。

アルゴリズム変更によるメリット

この変更によるメリットはいくつかあります。

1,不正確な情報の記事が消えた

どこの誰が書いたかわからない記事が検索上位に出てこなくなったので、不確かな情報で命が危険にさらされることがなくなりました。

効果のないただの「水」を『あらゆる病気に効果がある!』と謳って販売しているような胡散臭いサイトは検索上位にでてこなくなりました。

2,伝聞で書かれた記事が消えた

サイト上の適当な記事から内容をピックアップして並べただけの伝聞記事が消えました。

こういった記事は、いわゆる伝言ゲームみたいなもので、最初の一次情報がピックアップされて内容が少しずつ変えられることで、

最終的にはありえないほどの意味になっている事がよくありました。

医療系や健康系の情報で不確かな情報を信じてしまうと、それが命取りになることもあります。

googleはこのようなことを防ぐために、医療系や健康系のキーワードが書かれた記事に関してgoogleアルゴリズムを変更したのです。

アルゴリズム変更によるデメリット

しかし、このアルゴリズムの変更は、あるユーザーにとってデメリットとなりました。

医療・健康のgoogleアルゴリズム変更は、確かに不確かな情報を載せているサイトを検索上位から追い出すことができたのですが、

患者が書いた体験談や知っておいくと役立つ『患者だからこそ知り得た情報』も検索上位に出てこなくなったのです。

1,患者の体験談が消えた

病気になったとき、医者の説明が全て正しいとは限りません。セカンドオピニオンという言葉があるくらいですからね。

自分の症状や病気との向き合い方については、同じ悩みを持つ人の体験談はとても役に立つのですが、

googleのアルゴリズム変更は、こういった有用な情報も一括して検索上位から追い出しました。

2,キーワード検索と検索結果内容がズレる

特に今回のgoogleアルゴリズムの変更は、医療や健康に関するキーワードで検索するとわかるのですが、かなり偏ったページしか出てこなくなりました。

検索キーワードと検索結果がビックリするくらい「合っていない」ことが多くなったのです。

googleアルゴリズムの変更によるデメリットは、特に患者などの「体験談の記事」が検索で知ることができなくなったことでしょう。

なぜなら、患者とは基本的には「どこの誰だかわからない人」だからです。

企業や病院は「医師」であり、「製薬会社」なわけですから、少なくとも誰だかわからない人が発している不正確な情報というわけではありません。

ですが、今回のgoogleアルゴリズムの変更では、

『正確な情報=医療従事者や医療機関』として、それ以外は『正確とは断定できない情報=検索順位を落とす』

としたため、体験談が上位に出てこなくなったのです。

googleにとって患者の体験談は価値がないのか?

googleは別に患者の意見を「価値がないもの」として判断しているわけではありません。

googleが基本に置いているのは命や財産を守ることであり、

そのために重要なこととなると、不確かな情報かもしれない患者の体験談よりも、

ある程度は確かと言えるであろう医師や病院の情報を優先するのは当然と言えます。

日本のみの適用というのはなぜなのか?

ただ、このgoogleの検索アルゴリズムは今のところ日本国内だけに採用されたようです。

つまり日本語で検索した場合は、日本の病院や製薬会社、研究情報が検索上位に来るということです。

不便に感じても声を上げない(というか行動に出ない)日本だからこそできた、ある意味強引なやり方だと私は思います。

また、日本はアメリカと違い国民皆保険制度があるため、病院が一つのシステムとして誰でも受けられるという面があります。

そういう意味でも、病院を上位に表示するというのはやりやすかった(問題になりにくかった)のかもしれませんね(;´∀`)

患者の体験談を検索結果に表示する方法

では、患者の体験談が知りたいという場合はどうすればよいのでしょうか。

やり方は簡単です。googleの検索ロボットを採用していない媒体で検索すれば良いのです。

マイクロソフトのBingを使用する

Microsoftが提供するBing検索エンジンは、googleの検索アルゴリズムを採用していないので、体験談をスグに検索することができます。

⇒Bing

Bingは昔からパソコンにデフォルトで入っているブラウザ「インターネットエクスプローラー」の検索エンジンです。

怪しい検索ロボットではないので、安心して使えます。

ただし、こちらの検索で検索した結果のページは玉石混交であることは覚えておいて下さい。

DuckDuckGoを使用する

また、アメリカ最近利用傾向の高いDuckDuckGoという検索エンジンも、体験談の検索が可能です。

⇒DuckDuckGo

DuckDuckGoは個人情報を一切収集しない検索エンジンで、プライバシーを重視した次世代の検索エンジンとして注目されています。

GoogleやFacebookなどの大手は、何度も個人情報を流出したこともあるため、アメリカでは大手に対する不信感からDuckDuckGoの検索エンジンが流行っているのだそうです。

yahoo検索エンジンは除外

yahoo検索エンジンはgoogleの検索方法とまったく同じなので、

患者の体験談を知りたいと思ってyahooで検索しても、googleと同じ検索結果になるので今回の場合は使えません。

私の場合・・・

私も病気になって病院に行ったことがあったのですが、どこの病院で出される薬もまったく合わず、副作用が出て返って悪化してしまった経験があります。

医者には「そんな症状は出ないんだけどなぁ~」と訝しがられ、別の薬でも合わず別の病院に紹介されるということの繰り返し。

google検索アルゴリズムの変更で、患者の体験談がまったく検索結果に出てこなかったため、不安な気持ちで副作用に耐えながら過ごしていたのですが、

Bingを使って検索する方法を知って「自分の症状と同じような人もいたんだ!」ということがわかり、

いろんな患者の体験談や情報を集めることができ、薬以外の方法で改善することができたという経験があります。

まとめ

googleの今回の決定はある点では評価できるものの、体験談を知りたいというユーザーを思いっきりないがしろにした点に関しては大きな疑問があります。

2017年のgoogleアルゴリズム変更から、この記事を書いた時点では一年ほど過ぎたのですが、

患者の体験談が上位に来るということはあまりありません。

googleのことだからその点に関しては早い段階で改善すると思ったのですが、どうやらまだのようですね(;´∀`)

命を守るという大義を考えると、ある意味仕方ないのかもしれませんが、情報が絞られてしまうという面もあるためgoogleは一刻も早い対策が必要だと思います。

まぁユーザーとしては別の検索ロボットを併用して使えばいいだけですけどね。

 

スポンサーリンク

関連記事
error: Content is protected !!