芸能人

岩田剛典 心境にSNSでは賛否両論!

EXILEのパフォーマーである岩田剛典さん。映画やCM、ドラマなど多数のジャンルに出演されており、多忙極まる生活をされています。

そんな岩田剛典さんが、ご自身の環境の中「どのような30代にしたいのか」について心境を語っていました。

その内容について、ネットのコメントでは賛否両論の反応が・・・。

岩田剛典さんがこのような心境を語った理由などについて紹介します。

スポンサーリンク

岩田剛典 心境を吐露した理由

以下が岩田剛典さんが心境を吐露した内容です。

仕事としてではなく青春として捉えていきたい

今年は1本の主演ドラマに5本の映画出演、さらにはEXILEと三代目J Soul Brothersのパフォーマーとしての活動と、フル回転中。大忙しの岩田剛典さんに、車椅子での役に挑んだ最新映画『パーフェクトワールド君といる奇跡』のこと、間もなく迎える30代への抱負など、今の心境をいろいろ伺いました。

中略

難しかったのは、やはり“障がいに対する思い”の表現だったという。「諦めない気持ちは近いといっても、樹は半身不随の合併症からいつ命を落とすか分からない、という危険を背負っている。実際僕がそうなったらどこまで頑張れるのか……と悩みました。そこで樹のモチーフとなった阿部一雄さんとコミュニケーションをとらせていただいたのですが、実際にお会いすると、とても明るい方なんですよ。未来に希望を持たれていて、苦悩を表に出さない強さに胸を打たれて、いろいろと樹役に取り入れさせていただきました」

中略

「代表作と言えるものが欲しいなと思っています。おじいちゃんになったとき、『これ、俺の作品だぞ』と孫に自慢できるものを。正直、自分で納得できるものはまだないので、忙しいけれどもっともっと頑張りたいですね。やっぱり青春ですから(笑)。これは昔、仕事に忙殺されていたときに所ジョージさんに言われてハッとした言葉です。『所さんは仕事としてではなく青春として捉えているんだ、何歩も先を行ってるなぁ』と。だから30代は大変でも『青春している』と言えるよう、楽しみながら活動していきたいです」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181119-00010002-withonline-ent

これ、ものすごく「なるほど!」と思えるお話でした。

何気なく仕事をしていると、なんのために仕事をしているのかがわからなくなり、人生の色が霞んでしまうこともよくあります。

岩田剛典さんのコメントのように「青春している」と感じながら人生を進んでいると、自分の人生をまさしく生きる感覚を持つことができると思います。

岩田剛典 心境についてコメントでも賛否両論

口コミ
口コミ
岩田剛典だから言えること
口コミ
口コミ
CMで「俺、正社員になるよ!」ってかっこつけて言っているのが面白い(笑)
口コミ
口コミ
「ごり押し感が強い!」って書いたらファンが怒るんだろうな
口コミ
口コミ
岩田剛典のルックスは完璧だよね。TAKAHIROみたいに芸能界に染まってホストっぽくならないでほしいな
口コミ
口コミ
歌ってないのにここまで人気があるのは正直すごい
口コミ
口コミ
デビュー当時はここまで存在感はなかったのに、今ではボーカル以上の人気がある。育ちの良さも人気の一つなんだろうね。

 

口コミ
口コミ
学歴の高さ、育ちの良さ、整った顔立ち。俳優としてはかなりポテンシャルが高い。入る事務所を間違えたんじゃない?

まとめ

情報過多の昨今の日本では、自分自身を明確に捉えつつ生き方を楽しむことはとても重要だと思います。

岩田剛典さんが語った心境は、仕事をただ続けていて人生を目的もなくただ行きていると感じている多くの方に、何かしら響いたのではないかと感じました。

ネットのコメントにはやっかみもたくさんありましたがw、素直な心で岩田剛典さんが語った心境を考えてみると、

なるほどな~。と思える部分もたくさん出てくると思います。

そう感じない方は、おそらく人生や仕事を楽しんでいる方なのでしょう!とても良いことだと思います( ´∀`)

スポンサーリンク

関連記事
error: Content is protected !!