日記

上甑島のナガメとは?圧巻の絶景、長目の浜の画像と動画集!

沸騰ワード10で鹿児島県の上甑島が紹介されたのですが、番組の中で奇跡の絶景が楽しめる場所「ナガメ」が紹介されました。

ナガメとは、海渡る絶景が楽しめる圧巻の絶景スポットで、甑島の北西に位置する『長目の浜』のことです。

ナガメ、こと、長目の浜の由来や圧巻の絶景画像や動画などを集めてみました。

スポンサーリンク

長目の浜(ナガメ)の由来

長目の浜は幅が50メートル、長さが4kmにもなる砂州で、海と池を仕切ってできています。

京都で有名な砂州は天橋立ですが、長目の浜はそれと同じですね。

長目の浜だから、略してナガメ。地元の人には略してナガメと呼ばれているようです。

長目の浜は昔、島津光久がこの砂州を見てあまりの美しさに眺めの良い浜「眺めの浜」と命名したのが始まりで、

そこから長目の浜となったそうです。

今では上甑の長目の浜とその周囲の植物群落の希少性から、国の天然記念物に指定されています

長目の浜(ナガメ)の絶景画像

こちらが地元で「ナガメ」の愛称で親しまれている長目の浜の絶景画像です。

さすが、国の天然記念物に指定されることだけのことはありますね。

ものすごい圧巻の絶景画像ばかりです!

こちらはさらに長目の浜(ナガメ)の素晴らしさがわかる動画です。キレイな海と砂州のコントラストが圧巻です!

こちらの動画は長目の浜(ナガメ)の周囲の自然と海の広大さが収められた動画です。途中で日差しが差すシーンはとてもキレイです。

こういう画像や動画を見ていると心がなんとも言えない気持ちよさでいっぱいになります( ´∀`)

まとめ

長目の島(ナガメ)は鹿児島県の上甑島にある絶景スポットですが、動画を見ても分かる通り砂州を歩いている人はあまりいません。

国の天然記念物なんですけどね~。観光客があまりいないようですが、長目の島(ナガメ)はもちろん歩いて渡ることも可能です。

画像や動画で長目の浜(ナガメ)を見るだけでもその絶景に圧巻ですが、実際に歩くとその風景に圧倒されるようです。

沸騰ワード10で紹介されたので、今後はさらに多くの方が長目の浜(ナガメ)に訪れるようになると思います(*^_^*)

スポンサーリンク

関連記事
error: Content is protected !!