世界一受けたい授業

5秒筋トレのやり方【お腹・お尻・太もも・ふくらはぎ・二の腕】

世界一受けたい授業で話題沸騰の「五秒筋トレ」。

5秒筋トレとは、5秒間だけ筋トレを行ったら痩せたり筋肉が付く、

というのではなく、各筋トレの一回一回を5秒かけて行うという筋トレ方法です。

自分が今鍛えている部位に刺激をしっかりと加えることができるため、ただ回数をこなすだけの筋トレに比べて格段に効果が上がります。

また、5秒筋トレはどんな人でもできる、やりやすい内容になっています。

効果がしっかりと見えるから、運動が続かない人でも継続できると評判の筋トレです。

そんな5秒筋トレのやり方をまとめてみました。

スポンサーリンク

5秒筋トレのやり方

世界一受けたい授業で紹介していた5秒筋トレは全部で5つ。【お腹・お尻・太もも・ふくらはき・二の腕】です。

どの部位も、多くの方が「脂肪が乗ってて気になる~!」と感じている部位ではないでしょうか(;´∀`)

各5秒筋トレのポイントとして、それぞれ『あることをイメージしながら行う』ようにしてください。

各部位の5秒筋トレのやり方をそれぞれ紹介します。

お腹の5秒筋トレ

  1. 腕立て伏せの体勢になります。
  2. 左足を右足の上に乗せて交差させ、右足のつま先を立てる
  3. 左手を少し引く
  4. 肘が曲がらないように5秒かけて腰を捻りながら左を向く

◆腰をひねるときのイメージは・・・

体が雑巾のように絞られるイメージ

左右で10回ずつ、一日3セット行いましょう

おしりの5秒筋トレ

  1. 仰向けになり、両手を広げて膝を立てる
  2. 息を吸いながら腰を上げる
  3. 上がりきったら息を止めて5秒キープ
  4. 息を吐きながらゆっくりと下ろします。

台を使うと負荷が大きくなります

◆お尻をキープしているときのイメージは・・・

背中から傘が開いて腰が上がるイメージ

10回を一日3セット行いましょう

太ももの5秒筋トレ

  1. 両膝にタオルを挟み、胸を張って両手は腰に
  2. かかとを浮かせながら両膝を曲げる(タオルは落とさない)
  3. 5秒キープして元の姿勢に
  4. 次はかかとを浮かせながら両膝を右に曲げる(タオルは落とさない)
  5. 5秒キープして元の姿勢に
  6. 最後にかかとを浮かせながら両膝を左に曲げる(タオルは落とさない)
  7. 5秒キープして元の姿勢に

太ももの5秒筋トレではイメージするものはありませんが、太ももが使われていることを意識すると良いです。

正面、右、左を1セットとして、一日6セット行いましょう。

ふくらはぎの5秒筋トレ

  1. 立った姿勢で腰に手を当て左手をまっすぐ上に上げます(手の平は正面)
  2. 右太ももを軽く上げ、左足はつま先立ちで5秒キープ
  3. 足をおろして反対側もおこなう

つま先立ちするときはできるだけかかとを上げるようにします。

◆つま先立ちをするときのイメージは・・・

指先がロープで縛られて、体が天から吊るされているイメージ

左右5回ずつで1セット。一日3セット行いましょう。

二の腕の5秒筋トレのやり方

  1. 頭の後ろで両手を合わせ強く押し付けます
  2. 強く合わせたまま5秒かけて、頭の上からスライドして正面45度のところでストップ
  3. 元の状態に戻して繰り返します

正面45度のところでは肘は曲げないように!

◆手のひらを合わせたときのイメージは・・・

指先からビームを出し続けるイメージ

10回で1セット。一日3回行いましょう。

まとめ

過去に何度か紹介されている5秒筋トレですが、書籍も販売されています。

口コミもなかなか評価が高く、簡単にできる筋トレとして多くの方が実践し、結果を出しているようです。

宮川一朗太さんがチャンレジされた5秒筋トレのやり方はこちらです。

 

まぁ効果がなければここまで売れてないですよね(;´∀`)

5秒筋トレを毎日行って代謝の良い体になり、ダイエットやボディメイクを達成しましょう!

スポンサーリンク

関連記事
error: Content is protected !!