未分類

5秒深呼吸法の効果 二週間でウエスト-10cm!

5秒深呼吸法はストレッチトレーナーの兼子ただしさんが考案された呼吸法で、誰でも簡単にできると評判の呼吸法です。

兼子ただしさんは著書では「首起こし深呼吸」という本を書いており、こちらでは、医学博士も「場合によるが薬物治療よりも効果的」と、その効果を認めています。

呼吸をしっかり行うことで体内の酸素量がふえ、体の細胞が活発化するために体調が良くなると考えられます。

そういう意味では、教えてもらう前と後で紹介していた5秒深呼吸法は、首起こし深呼吸法の若干の簡易版とは言え、ウエスト減少効果以外にも健康効果が見込めると考えられます。

また、首起こし深呼吸法はスポーツ科学の学会からも認められいます。

教えてもらう前と後という番組でも取り上げられた5秒深呼吸では、ウエストダウン効果を紹介していましたが、それ以外の健康効果も期待できます。

その効果についてまとめてみました。

スポンサーリンク

5秒深呼吸法の効果

首起こし深呼吸法は、「人が一日三万回以上行う呼吸が疎かになっている、間違っている」という観点から兼子ただしさんが作られました。

呼吸の重要性やその効果については、多くのスポーツトレーナーだけでなく医師も注目しています。

はるか昔から呼吸の重要性について説いてきたのがヨガなどですが、今でもヨガに高い効果があると言われているのは呼吸を重視しているからでもあります。

「でもヨガってなかなか手が出しにくい・・・。」という方でも簡単に呼吸を改善していろんな不調までも改善できるのが、首起こし呼吸法でも行っている5秒深呼吸というわけです。

5秒深呼吸法のウエストダウン効果

教えてもらう前と後では5秒深呼吸法のウエストダウン効果について紹介していましたので、そちらをまとめてみます。

まず被験者が5秒呼吸法を行った期間は二週間。検証後、どのようにウエストが変わったのかをまとめてみました。

男性A:90.5cm ⇒ 85cm(-5.5cm)
女性A:91cm ⇒ 81cm(-10cm)
女性B:65.5cm ⇒ 59.5cm(-6cm)

その他、お二人の方が5秒呼吸法を行っていたのですが、その方も含めて全員がウエストダウンを達成していました!

何が凄いって、痩せている女性のウエストもダウンさせたという点です。5秒呼吸、恐るべしです。

首起こし深呼吸法で改善した例

こちらは書籍として販売されている首起こし深呼吸法の効果についてまとめています。

すでに書いたとおり、5秒呼吸法は首起こし深呼吸法の簡易版ですが、重点においているところは「5秒間吸って5秒間で吐く深呼吸」です。

ですので、5秒深呼吸法を続けることで、首起こし深呼吸法で得られる効果と同様の効果が得られる可能性は十分に、というか、普通にあると思います。

◆ウエストダウン効果
教えてもらう前と後では5秒深呼吸法を行って最高でウエスト-10cmを達成していました!
◆首コリ、肩こりの改善効果
首起こし深呼吸法では、正しい首の位置で呼吸を深くすることで首コリ・肩こり改善効果を実感された方もいます。
◆頭痛改善効果
◆眼精疲労改善効果
◆不眠改善効果
◆メンタル改善効果

などなど、首起こし深呼吸法ではいろんな体の不調が改善されたという実体験などがあります。

呼吸が浅いと酸素が体内で少ない状態になるので、細胞や体組織の一つ一つの機能が低下するんですよね。

深呼吸で深い呼吸を続けることで、体には十分な酸素がいきわたり、各不調の改善につながっていくのだと思われます。

私の不調改善例

私は首起こし深呼吸法を実行していたのですが、やり始めて3日目で悩んでいた不調が改善してきました。

それが「不眠」です。

私は寝入りは別に悪くないのですが、睡眠途中で起きる「中途覚醒」がありました。

それが首起こし深呼吸法を行ってから三日目にして朝まで眠れるようになったのです!

中途覚醒は一年以上続いていたのですが、まさか3日で改善するとは思っていませんでした。

眼精疲労の方はまだ残っているのですが、目の奥が重く感じるということは激減したように感じます。

首起こし深呼吸法はやり方も簡単ですので、是非みなさんやってみてください!

なお、教えてもらう前と後で紹介していた5秒深呼吸法のやり方はこちらの記事でまとめています。まぁ首お越しをしていませんが、似たような効果は期待できると思います。

首起こし深呼吸法の本

首起こし深呼吸法は、書籍として出版されています。

どのような効果あったのか。なぜ効果があったのか。今の現代人はどのような状態にあって、なぜ不調が続くのかなど、

色んな角度から分析し、首起こし深呼吸を実践した方の結果なども載っていますので、かなり参考になると思います。

まとめ

5秒深呼吸法を行えば呼吸が深くなり一度の呼吸でたくさんの酸素が体内に入ってくるようになります。

そうなると体の隅々の細胞まで十分な酸素が届くようになり、各細胞が活性化することで体調が良くなるんですね。

呼吸は無意識に行っているものですが、だからこそ「やり方が間違っていないか。正しく行えているか。」ということをたまには注意して見てあげる必要があるのでしょう。

5秒深呼吸法はやり方も簡単ですし、効果も実感できる方が多いと思うので、そういう意味でもうってつけだと思います。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!