役立ち情報

原付の冬の服装は防風・防寒が重要 これなら男女ともに寒くない!

冬に乗る原付ってめちゃくちゃ寒いですよね~。そして服装選びにも困ってしまいます。

ですが、あるポイントを押さえれば冬の原付も震えることなく乗ることができます。

男性と女性とでは服装が違うため、原付に乗るときの服装も少し変わりますが、基本は同じです。

と、その前に一つだけ知っておいてほしいことがあります。

それは、冬に原付に乗るときは格好を気にする必要はないということ!

服装自体はオシャレにしても良いのですが、原付に付けるいくつかのアイテムに関しては、なかにはカッコいい感じないものもあります。

ただし、格好を気にしていては寒さを防ぐことはできません。それは覚えておいて下さい。

スポンサーリンク

冬の原付の服装のポイント防風・防寒対策

冬に原付を運転するときに寒さを感じないようにするには、防風・防寒の2つを意識した服装にする必要があります。

防風

冬の冷たい気温の中、原付を運転すると風が当たりめちゃくちゃ寒いです。そのため風が入ってこない格好や服装をする必要があります。

防寒

冬の寒さを感じないようにするためには暖かい空気を服装内に閉じ込める服装が必要があります。

このうち、真冬で歩いていても寒くない服装をしていれば、防寒については大体クリアできています。

その服装の上から防風機能の高いアイテムを着る、もしくは装着することで冬に原付を運転してもほとんど寒さを感じることがなくなるのです。

冬の原付の服装:フルフェイス

どんな服装だったとしても、頭の防寒対策が出来ていなければ冬の原付は寒くて乗るのが辛くなります。

ということで、冬の原付の服装とは少し関係ありませんが、頭の上から順番に見ていくという意味で、最初はヘルメットについて。

原付に乗っている人は、「あまりスピードが出ないから」という理由で、ハーフヘルメット(半キャップ)やジェットヘルメットを使用している人が多いです。

春から夏にかけてならそれでも問題ないですが、寒い冬に上記のヘルメットを使うと寒さで凍えます(;´∀`)

フルフェイスなら風が顔に当たりませんし、構造上、耳の部分にもクッションがあるためメチャクチャ暖かいです。

冬は頭部や顔の防寒対策としてフルフェイスを使用するようにしましょう。

女性の場合、お化粧崩れが気になる人は頬の部分に本体が当たらないタイプのジェットヘルメットを使うと良いです。

フルフェイスには敵いませんが、ハーフヘルメットよりは確実に防風効果があります。顔の前にクリアシールドを下ろせますからね。

ヘルメットは『服装』には関係がありませんが、防風や防寒の意味ではとても重要なパーツですので、一応上げておきました。

冬の原付の服装:ネックウォーマー

冬の首のおしゃれなアイテムと言えば、服装に合わせて使うマフラー。ですが、原付ではマフラーよりもネックウォーマーのほうが良いです。

フルフェイスを使用していても、冬は首の寒さ対策をしないと首の隙間から風が入ってきて凍えてしまいますので、

そういった場合は厚手のネックウォーマーを使用すると良いでしょう。ネックウォーマーを付け、フルフェイスの入り口に詰め込むようにすれば冬の冷気は入ってこなくなります。

このネックウォーマーなら前ボタン式なので女性のメイクも崩れません。

冬に原付に乗る場合は、風で乱れることのないネックウォーマーは必須です。

マフラーの方が合う服装は多いですが、マフラーは風でほどけるので原付に乗るときは使用しないほうが良いです。

原付を降りてからネックウォーマーをオシャレなマフラーに交換しましょうね(。・∀・。)

冬の原付の服装:ライダーグローブ

冬に原付を乗るときに、風が当たる手の部分に防寒用具を使用しない方はいないと思いますが、

冬用のライダーグローブならかなり暖かいです。

ライダーグローブを使いたくないならバイク用のハンドルカバーを使うと良いです。

ハンドルカバーの使用者は女性の方が多いですが、通勤に原付を使用している男性の方も使用している方は結構います。

これなら薄い手袋を使用していても問題なく使えます。風で手が凍えることもありません。服装に合うオシャレな手袋も使用できます。

私は近所のお出かけに原付を使うことが多く、手袋をいちいち取り外すのが面倒くさいのでハンドルカバーを原付に付けています。

手首もキチンと隠れますので、「手首から寒さを感じる!」ということはありません。

最初は服装的に格好悪いと感じましたが、一度使用してからは冬の寒さを感じないハンドルカバーは冬の必須アイテムになりました。

冬の原付の服装:ビニール製のアウター

冬、歩いているときの服装は防寒効果の高いダウンが大活躍しますが、

原付に乗っているときのスピードだと、ダウンの防風効果はそれほど期待できません。

こういう場合は、ダウンの上からでも着れるビニール製のアウターを着ると防風対策になります。

ビニール製のアウターの中はダウンで問題ありません。防寒にもなりますし!

私は冬に原付を乗るときは、気温が10℃程度のときは上に防風機能の高いアウターを着て、下はスボンの上にレインコートを着ています。

ただ、この格好は服装的にオシャレさがなくなるので、せめてレインコートはダーク系の物を選びましょう。それならアウターとの色合いもそこまで外しませんので。

冬の気温が5℃くらいになると防風機能があっても普通のアウターだと寒いので、上もレインコートを着て完全に風を防ぐことが出来ていました。

ちなみにレインコートのサイズは1つか2つ上のサイズを選ぶと良いです。

ダウンを着ていても無理なく着ることができますし、大きいサイズのレインコートだと足首部分も十分に隠れるため、防風対策になります。

私は、今はレインコートのズボンを脱ぐ手間が面倒くさいので、原付用のレッグカバーを使用しています。

ボトムズなどで下半身の防寒がきちんと出来ているなら、その上からレッグカバーを使えばきっりち風を防いでくれるので寒さは感じません。

足首までしっかりと隠れますので「足首から寒く感じる!」ということもありませんのでかなりおすすめです。

ただ、見て分かる通り、仰々しいので服装的にも少し格好がブサイクに感じますが、使用したらわかります。本当に手放せなくなりますから( ´∀`)

冬の原付に乗る場合は服装のオシャレ度と防風・防寒の両立は難しいですが、

「原付に乗るときは別の服装(格好)で!」と割り切ってしまえば、冬でもかなり快適に乗ることができます。

冬の原付の服装のまとめ

冬の原付は寒さ対策をしっかりすると、服装のオシャレさが無くなるので少し格好が悪く感じるかもしれませんが、

風邪をひくことを考えると原付走行時の寒さ対策を優先すべきです。

  • フルフェイスで顔の防風・防寒対策
  • 厚手のネックウォーマーで首の防風・防寒対策
  • ライダーグローブもしくはハンドルカバーで手の防寒対策
  • ビニール製のアウターもしくはレインコートで体の防風対策
  • その下の服装はオシャレで暖かい服装で防風対策
  • 腰から下はレインコートもしくはレッグカバーで防風対策

これで冬の原付の服装と防寒・防風対策はバッチリです♪

上記の方法なら、男性でも女性でも冬の原付の格好として活用できるのではないでしょうか?

冬に原付を乗るのは寒くて本当に大変です。

ですが防風アイテムを活用したり服装を少しだけ工夫することで全く寒さを感じずに乗ることができます。

私のやっている方法です。是非参考にしてみてください♪

スポンサーリンク

関連記事
error: Content is protected !!