健康情報

AKA-博田法の効果と真実 【名医のThe太鼓判】

名医のThe太鼓判で紹介された、腰痛改善効果の非常に高い手技「AKA-博田法」。

AKA-博田法は実はかなり前から存在しており(1995年には存在していた)、理学療法士や整体院の間で『腰痛が改善する手技』として話題になっていました。

AKA-博田法は東洋医学に基づく手技ではなく、医師が生体科学、関節運動学に基づいた腰痛改善技術です。

◆知識がある人が
◆いくつもの施術を行い経験を積む

ことで、高い腰痛改善効果が期待できる方法です。しかし、高い効果がある反面、ちまたでは「AKA-博田法は効果がない!」という声も聞かれます。

AKA-博田法の効果と真実についてまとめてみました。

スポンサーリンク

AKA-博田法の効果

名医のThe太鼓判では、整形外科医の住田憲是医師がAKA-博田法を実践し、20年来の腰痛持ちだった渡部建さんの腰痛をわずか数分で改善しました。

また、こちらも20年来の腰痛持ちだった遼河はるひさんの腰痛も改善。遼河はるひさんは治療後の翌日、30kmも山道を歩くロケだったのに、腰の痛みは全然感じなかったそうです。

実際、AKA-博田法の効果は高いと思われ、私もAKAでひどい腰痛が改善した一人です。

AKA-博田法は整体や整骨院でも使われる治療法ですが、本来は「日本関節運動学的アプローチ(AKA)医学会」が認定した指導医だけが行える手技です(理学療法士も含む)。

つまり、病院で行われる腰痛改善法であり、整体や整骨院では通常は行われない手技なんですよね。

整骨院のAKAでは効果がない?

整骨院や整体師が「うちはAKA-博田法をやってます」と言ったら、それは正規のルートではないということです。

ただ、私は整骨院でAKAを受け、腰痛がケロッと治った経験があります。

AKA-博田法は、実は年月とともに少しずつやり方が変化しています。それも幾通りの方法にやり方が変化しているんです。

私が効果を実感した整骨院でのAKAは、AKA-博田法のやり方から分派した、別のAKAだったということです。

ですがそれでも効果を実感できたのですから、

病院で行うAKA-博田法は、名医のThe太鼓判で放送されたような効果をどこの病院でも経験することができるはず・・・と思いきや、じつはそんなことはありません。

AKA-博田法の真実

AKA-博田法ができます!という内容をホームページに載せている整形外科は確かに存在しますが。しかし最初、冒頭でAKA-博田法の腰痛改善効果について、

◆知識がある人が
◆いくつもの施術を行い経験を積む

とお話ししたとおり、この2つがクリアできていない整形外科医は、AKA-博田法のスキルはとても低く、施術をしたとしても腰痛を改善することはできません。

AKA-博田法を軽んじる医師

AKA-博田法についてはAKA学会で学ぶことはできます。

しかし・・・

  • 昔ながらのやり方に固執する医師
  • 最新の関節運動学を学ぶ姿勢の低い医師

などは、AKA-博田法を使いこなすことはできません。

例えば、今はヘルニアになったとしてもそれが腰痛の原因とは確定できないということが常識になっていますが、

いまだに「腰椎の椎間板がはみ出てるから(ヘルニアになっているから)、腰痛の原因だ」と安易に診察する整形外科医が今も存在しています。

まぁさすがにそこまで数は多くないでしょうけど、昔の知識から抜け出せないという医師はいます。

そんな医師が例えAKA-博田法を習ったとしても、昔の知識が邪魔するためAKA-博田法を軽く見て、スキルのレベルアップもせずに容易に手術を薦めてしまうのです。

ちなみに、関節運動学に関しては理学療法士や整骨院の整体師のほうが知識が上の場合も珍しくありません。

彼らはそれを生業にして患者に接していますから、患者を直に触って治療するという点においては、整形外科医よりも能力は上の場合が多いです。

実際に、「(あの)整形外科の先生って本当に関節運動学の知識がないんだよな~」という、理学療法士のグチを聞いたことがあります。

AKA-博田法は習熟に時間がかかる

AKA-博田法の手技を学びたくて、AKA学会でAKA-博田法を習得できた整形外科医がいたとします。

しかし、AKA-博田法は実際に患者の腰痛を自分の手技で治す必要があるため、スキルアップのためのスキル磨きに時間がかかります。

日々の患者の検診に時間を取られるため、腰痛患者一人一人に対してAKA-博田法を行うということもできず、

その結果スキルアップする時間が取れなくなり、いつまでも未熟なままということも普通にあります。

これらのことから、「AKA-博田法を治療方法として掲げている病院に行ったのに、全く効果がなかった!」という腰痛患者もたくさん出ています。

AKA-博田法を本当に使える整形外科医は優秀

以上のことから、AKA-博田法を使いこなせる整形外科医はかなり優秀だと思われます。

名医のThe太鼓判では、AKA-博田法を使って住田憲是医師が渡部建さんや遼河はるひさんの腰痛を「サラッ」と治していました。

AKAで腰痛が治った私も、AKA-博田法にはそれほどの効果があると理解できています。

ですが、これまでお話したとおり、

AKA-博田法の真実として、『AKA-博田法をキチンと使いこなせる整形外科医はどれほどいるのか』については疑問を持っています。

そのため、AKA-博田法について「施術できます」と公言している整形外科があったとしても、

本当にスキルが有るかについて口コミを調べてみたり、実際に電話して「どれほどの実績があるのか」をキチンと確認したりしたほうが良いと思います。

まとめ

医療については、今まで常識となっていたものが180度変わっていることもよくあります。

そういうことについて口コミなどを調べるのはとても良いことです。

しかし、最近のgoogleやyahoo検索では、病気や病院側の意思を検索上位に表示し、患者の声などは検索結果に出にくくなっています。

これは「信頼の置ける内容のページを上位表示する」という、googleの方針なのですが、患者の声が検索結果に表示されないというのは、日本の検索ユーザーにとってベストとは言えません。

腰痛に関して、これまでの医者のやり方が間違っていることが全国で叫ばれているのに、その声が検索上に反映されないという現状は看過できないと、私は思います。

まぁ商品の販売目的で不安を煽る個人のサイトが検索に出てこなくなったのは良い点ですけどね(;´∀`)

とは言え、病気に関する口コミが検索で調べられなくなったのは致命的です。

そういう場合は、マイクロソフト社が提供する検索エンジンbingを使用すると良いです。病気の患者の声がしっかりと検索できますので。

⇒bingでの検索

ただ、クズのようなサイトもふるいにかけられず上位表示されることがあるので、その点はご注意くださいね♪

話がそれましたが、AKA-博田法は、正しい知識を持って技術的にも高いスキルを持っている施術者になら、治療を受けても効果が期待できると思います。

腰痛の方は一度、受けて見るもの良いと思いますよ♪

スポンサーリンク

関連記事
error: Content is protected !!