ボディメイク

きくち体操で冷え性・肩こり改善!【簡単きくち体操一覧】

凝り固まった全身を活性化し、冷え性改善になるきくち体操のやり方を紹介します。

12月26日の梅ズバで紹介していた冷え対策のきくち体操です。

今回のきくち体操のほとんどはテレビを見ながらできるので、誰でも簡単にできるものばかりです。

一覧にまとめましたので是非やってみてください。

スポンサーリンク

冷え性対策のきくち体操のやり方

まずは、きくち体操の基本体操『足首回し』から。そのあと、テレビを見ながらでもできる、指回しなどのきくち体操を紹介します。

きくち体操:足首回しのやり方

  1. 片足を膝の上に乗せる
  2. 手の指と足の指をしっかり悪手
  3. 1回転8秒回しを10回繰り返します

ふくらはぎや膝の血行が良くなり、冷え性改善に効果的です。

指回しのやり方

  1. 腕を肩の高さに上げ親指だけを4回まわす
  2. 反対周りも4回まわす
  3. すべての指で同様に指回しを行いましょう

指先には多くの毛細血管が集まっているため、指先を回すだけで血流が促進されて冷え性改善に効果が出てきます。

きくち体操:手の平ずらしのやり方

  1. 手の平を押し合うように握る
  2. 手に力を入れたまま手の平を前後に10回ずらして握る

指の付け根を刺激することで血行が促進され、冷え性改善に効果があります。

きくち体操:小指合わせのやり方

  1. 腕を真っ直ぐ伸ばし両手を上げ、手の平を上に向けて小指を合わせる
  2. 腕を内側にひねって小指を合わせる
  3. 1と2を交互に10回繰り返す(小指がしっかりと合わさっているかがポイント)

冷えで凝り固まった腕と肩の血行が促進され、冷え性改善だけでなく肩こり改善にも効果があります。

きくち体操:ひじ合わせのやり方

  1. ひじを直角に曲げ方の高さまで上げる
  2. ひじを胸の前で合わせる(10回繰り返す)

ひじを合わせることで肩甲骨周りの筋肉をほぐことができ、肩こり改善にも効果があります。

きくち体操:つま先トントン体操のやり方

  1. 背中と背もたれの間に拳ひとつ分あけて座る
  2. 椅子に掴まりももを上げてつま先立ちになる
  3. つま先のまま足を左右に広げてつま先で床を叩く元の位置でつま先を叩く(3回繰り返す)
  4. つま先のまま足を前後にして床を叩きもとに戻す(3回繰り返す)

リズムカルに行いましょう

凝り固まった下半身を活性化 足の冷え性を改善する効果があります

きくち体操:足のもも上げのやり方(上級者用)

  1. 椅子に座り、手は椅子を握る
  2. ももを持ち上げて両足を真っすぐ伸ばしたら、足を元の位置に戻す(5回)

この体操は腹筋を使うため、腰痛のある方や辛い方は行う必要はありません。

足の血行が良くなるので下半身の冷え性対策になります。

きくち体操:背伸び体操のやり方

  1. 仰向けになりながら手の先からつま先まで全身に力を入れて5秒伸ばす
  2. その後、一気に全身の力を抜きます

緊張状態から一気に力を抜くことで血流が良くなり、冷え性改善に効果があります。

きくち体操:寝ながら足首回しのやり方

  1. 仰向けになった状態でつま先を伸ばします
  2. 足首を揃えたまま足を起こし、ゆっくり外回転で足首を一回転回します

ふくらはぎ、ふともも、膝など、凝り固まった下半身の血行を促進し、冷え性改善に効果があります。

きくち体操:手の平タッチ体操のやり方

二人一組で行います

  1. 二人一組で肩の高さで手の平を合わせます
  2. そのまま手の平を外側に回し指先を下に向ける

腕の外側と内側の両方を活性化し、上半身の冷え性改善に効果があります

手の平をぴったり付けることがポイントです。

その他のきくち体操について

梅ズバで紹介された、その他のきくち体操の記事は以下でご確認ください。

 

 

 

たくさんきくち体操がありますので、自分にあったものからやってみるというのも良いですね。

まとめ

きくち体操は奇跡の体操と言われるくらい効果のある体操です。

今回紹介したきくち体操は本当に簡単です。テレビを見ながらのんびりとやってみてください。

スポンサーリンク

関連記事
error: Content is protected !!