役立ち情報

リレーアタック対策グッズ 車の盗難を防げ!

車のロックをスマートキーで行う。これはもう一般的です。

いちいち鍵を取り出さなくても、スマートキーの持ち主が近づくだけで車のロックを解除し、エンジン始動まで可能になるというもの。

しかし、最近はリレーアタックという車の盗難方法が警戒されており、対象となるのがなんとスマートキーで開錠できるタイプの車というから驚きです。

あなたはリレーアタック対策、きちんとしていますか?そうでないなら今すぐ対策をしたほうが良いです。

リレーアタック対策グッズも販売されているので活用しましょう!

スポンサーリンク

リレーアタックとは

スマートキーからは絶えず微弱な電波が発信されており、

その微弱な電波が車に近づくと、電子IDを読み取り、IDが合致すれば自動で車が開く仕組みです。

  1. スマートキーから微弱な電波
  2. 車に近づくと電子IDを照合
  3. 電子IDが合致すると車が開く
  4. エンジンスタートもIDが合致していれば可能

これがスマートキーによる自動開錠の仕組みです。

リレーアタックとは、スマートキーから絶えず発せられている微弱な電波を強力な電波に変換して、少し離れた場所の車に電波が届くようにするという車の窃盗方法です。

  1. スマートキーから微弱な電波
  2. 特殊な装置で微弱な電波を強力な電波に変える
  3. 少し離れた車にその電波が届く
  4. 電子IDが合致して車が開く
  5. エンジンスタートもIDが合致しているので可能

スマートキーによる自動開錠は、だいたい半径1m~1.5mと言われています。

しかし、特殊な装置を使えば1.5m以上でもスマートキーの電波をキャッチすることができます。(もちろん限界はあります)

リレーアタックによる車の盗難は、たとえ屋内にスマートキーを置いていても、特殊な装置を使ってスマートキーの微弱な電波をキャッチできれば、

その電波を増幅して離れた車の電子ロックを解除できますし、エンジンをかけることも可能なのです。

特殊な装置を中継(リレー)して電波を強くして車を盗む(アタックする)ことから、リレーアタックと呼ばれています。

リレーアタック対策グッズとは?

リレーアタックはスマートキーから発せられる微弱な電波を悪用して行われる車の盗難です。

だったら微弱な電波をカットしてしまえばリレーアタックを防ぐことができるのでは?

まさしくそのとおりです。

実際、リレーアタック対策としてグッズが販売されています。

リレーアタック対策グッズは電波を遮断する材質で作られており、その中にスマートキーを入れて持ち運ぶというものです。

確かに車に近づいたらいちいちスマートキーを取り出さないといけませんが、

リレーアタック対策グッズからスマートキーを取り出したらすぐに車のドアが開錠されるので、

鍵を差し込む動作は必要ないことを考えると、それほど手間がかかるわけではありません。

男性A
男性A
自分には関係ない
女性A
女性A
リレーアタックなんてされた人、周りにいないよ
男性B
男性B
自分の車はそれほど高い車じゃないし・・・

でもリレーアタックは『実際に』『今現在起きている車の盗難方法』ですし、『簡単な窃盗方法』なので今後増えても不思議ではありません。

日本では安物の車でも、外国では超高級車です。あなたの車だって狙われてもおかしくないんです( ´∀`)

盗まれてから後悔しても遅いです。防犯を一番に考えると、やはりリレーアタック対策はしたほうが良いです。

まとめ

欧米ではすでに問題になっていますが、日本でも被害は実際に出ています。

特に日本車は海外では大人気なので、日本の車を盗もうとする卑劣な人間は後を絶ちません。

それに日本人は防犯意識が少し甘いと認識されていますからね。

大阪では2018年までに270台以上の車を盗んでパキスタンやナイジェリアなどに輸出しようとしていたグループを摘発しました。

この中にはリレーアタックが疑われる盗難も含まれています。

キチンと対策グッズを使用してリレーアタックによって車が盗難されないように対策しましょう!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!