デブ菌と痩せ菌

もち麦で痩せ菌を増やして痩せ体質に!梅ズバ!

梅沢富美男のズバッと言います(梅ズバ)で紹介された、痩せ菌を増やす食材『もち麦』

肥満に悩む芸能人たちが二週間のもち麦生活をして驚きの効果を証明したのですが、なぜもち麦にダイエット効果があるのでしょうか。

それはもち麦に含まれる水溶性食物繊維(穀物βグルカン)に秘密があります。

今話題の痩せる体質『痩せ菌』を増やす『もち麦』の驚くべき効果と痩せ体質に導く仕組みを紹介します。

スポンサーリンク

もち麦の痩せ体質栄養素『βグルカン』

もち麦には痩せ体質になるための重要な成分『βグルカン』が入っています。

βグルカンはいろんな食べ物に含まれているのですが、穀物、特に麦系に含まれる『穀物βグルカン』は、水に溶けやすい水溶性食物繊維として分類されます。

いわゆる善玉菌と呼ばれる、人に良い働きをする腸内細菌の餌になるのが水溶性食物繊維です。

善玉菌と痩せ菌の違い

梅ズバでも紹介された痩せ菌ですが、善玉菌=痩せ菌と思っている方もいますが、正確には両者は一致しません

また、専門的になりますが、バクテロイデス門=痩せ菌と定義するのも違います。

その点の違いについては『デブ菌と痩せ菌とは?善玉菌と悪玉菌の関係や違いは?』でまとめていますが、

大きな枠組みとして、善玉菌を増やす食べ物と痩せ菌を増やす食べ物は共通点が多いので、ここでは

もち麦の穀物βグルカン=水溶性食物繊維は、
善玉菌を増やす=痩せ菌を増やす成分の1つ

と考えてもらっても大丈夫です♪

要は、もち麦の穀物βグルカンを摂取すると健康にもよく(善玉菌の働き)、痩せ体質になる(痩せ菌の増加)となるわけです。

ちなみに、もち麦には不溶性食物繊維も含まれています。

こちらも便通を良くしたり腸内を整える働きがありますが、ダイエットとして着目すべきはやはり水溶性食物繊維の方です。

もち麦が痩せ体質になる理由

水溶性食物繊維(水に溶ける)と不溶性食物繊維(水に溶けない)は、腸内での働きが異なります。

不溶性食物繊維の働き

不溶性食物繊維は水を含むとカサが増え、腸内の成分をいろいろ巻き込んで体外に排出します。(有害物質や死んだ腸内細菌など)

 

水溶性食物繊維の働き

水溶性食物繊維であるもち麦の穀物βグルカンには2つの働きがあります

  • 善玉菌(=ここでは痩せ菌も含む)の餌になる
  • 水分を含むと糖質を巻き込んで体外に排出する(糖質の吸収を抑える)

もち麦が痩せ体質になると言われる理由は、もち麦に含まれる穀物βグルカンが体を痩せ体質に導くからなのですね。

余談ですが、悪玉菌(=ここではデブ菌も含む)の餌になるのは高脂肪・高糖分の食べ物です。

デブ菌は食べ物をせっせとエネルギーに変える働きが強いのですが、高脂肪で高糖分の食事を摂取し続けると、デブ菌が大活躍してわっさわっさと増えてしまうのです。

もち麦の代わりのサプリ

このように、もち麦に含まれる穀物βグルカンが腸内の痩せ菌を増やすため、痩せ体質になるのですが、

もち麦を毎日食べるのって結構苦痛です(;´∀`)

自炊が第一条件になりますからね。そんなときに活用したいのがサプリメントです。

飲み物などに混ぜるだけで穀物βグルカンを摂取できるので便利です。

こちらは大麦βグルカンなので、不溶性食物繊維は少ないですが、水溶性食物繊維はたっぷり含まれています。

こちらは茹でたもち麦がそのまま入っています。料理にかけて食べられるのでこちらも便利です。

すべての痩せ菌を活性化!

腸内には何十種類の痩せ菌が存在しています。もち麦のβグルカンは痩せ菌の餌になりますが、βグルカン以外の餌が好みの痩せ菌もいます。

さらに、腸内細菌は腸内でお花畑のようにかたまって生息しているのですが(これを腸内フローラといいます)、

腸内で痩せ菌を健康的に増やすためには、腸内のバランスと腸内の多様性を構築する必要があります。

悪玉菌と呼ばれていても実は体の免疫を高める働きがありますし、善玉菌(痩せ菌)には分解できない栄養素を分解する悪玉菌(デブ菌)もあります。

腸内は、人体に良い細菌が優位でありつつも、その他様々な菌の多様性があってこと、人体にとって『良い状態』と言えます。

このことについては腸内環境を調べている研究者も指摘しています。

  • 増えすぎたデブ菌を減らしつつ痩せ菌を増やす
  • さらには悪玉菌を減らしつつ善玉菌を増やす
  • デブ菌と痩せ菌、悪玉菌と善玉菌のバランスを保ちながら多様性を確保する

これらのことを同時に行わないと、健康的な体にはならないんですね。

そのためには、痩せ菌を効率的に増やす腸内環境を整える必要があります。

そんなときに使えるのが痩せ菌を増やすことと健康的になることを目的に作られた、様々な成分の入っているサプリメントです。


まとめ

梅ズバではもち麦に含まれるβグルカンの効果を、芸人たちが検証し見事実証しました。

痩せ体質になるためにも、できるだけもち麦を毎日摂取し、痩せ菌を増やしましょう!

こちらの記事も参考にどうぞ♪

◆もち麦ごはん 夜はダメ?勘違いから起きた間違った認識

◆もち麦は効果なし?太る原因は?

面倒くさい方はサプリメントで代用しましょう(*^_^*)

スポンサーリンク

関連記事
error: Content is protected !!