ボディメイク

3Dコンディショニングボールの効果と通販【有吉ゼミ】

有吉ゼミで紹介された振動マッサージャー。

ドクターエアが発売している3Dコンディショニングボールで、一分間でなんと4000回も振動する最新マッサージャーです。

最近、振動するタイプのマッサージ機が人気が高いですが、理由は使ったときの効果の高さにあります。

有吉ゼミでは梅沢富美男さんと武田真治さん、キスマイ宮田さんがドクターエアの3Dコンディショニングボールを触ってその振動力に驚いていました。

ここでは、3Dコンディショニングボールの特徴や、実際に使用した方の口コミ、通販について紹介します。

スポンサーリンク

3Dコンディショニングボールの特徴

ドクターエアの3Dコンディショニングボールはその名の通りボール状になったマッサージ機です。

これまでもボールや筒状のポールを使ったストレッチは、

筋膜リリースができてしかも深層筋もほぐれるとしてスポーツトレーナーの方々の間では一般的でした。

しかし、ほぐしたい場所によっては

  1. 自分で動きながら
  2. ボールで圧を加えつつ
  3. バランスをとる

という、運動不足の人にはなかなか難しい動きをする必要がありました。

しかし、3Dコンディショニングボールのように振動するタイプのマッサージャーなら、

少ない動きやバランスで使用できるため、運動不足や体の硬い人でも手軽に筋膜リリース&ストレッチができるようになります。

レベル 振動回数/分
レベル1 2,500回/分 RPM ±300 RPM
レベル2 3,000回/分 RPM ±300 RPM
レベル3 3,500回/分 RPM ±350 RPM
レベル4 4,000回/分 RPM ±400 RPM

※RPMとは、一分間に繰り返される回数を示す単位

1分間に4000回(レベル4での使用時)という振動が、捻じ曲がってヨレて固定した筋膜を伸ばし(筋膜リリース)

固くなった筋肉をストレッチするため、繰り返し使用することで柔軟性と可動域が向上します。

その他特徴 仕様
耐荷重量 100kg
寸法 直径122mm
質量 852g
材質 外殻 : シリコン樹脂 本体 : ABS樹脂

その他の特徴として、3Dコンディショニングボールは100kgの重さにも耐えられるので、ほとんどの方で使用が可能です。

直径は約12cm。重さも1kg以下ですから、持ち運びも楽です(*^_^*)

球体の特徴から、ピンポイントで狙ったところに圧をかけられるため細かい場所をほぐせる点が、3Dコンディショニングボールの最大の利点です。

3Dコンディショニングボールの通販

ドクターエアの3Dコンディショニングボールは通販で購入することも可能です。

公式サイトで販売しています。



>>公式サイトで確認してみる<<

公式サイトでは簡単な使い方も確認できますよ♪

ドクターエアでは筒状のストレッチポールも販売しています。

面でほぐしたい方はストレッチポールを、ピンポイントで細かく解したい方はストレッチボールを使うと良いでしょう。

⇒ドクターエア ストレッチポールの通販と効果 ブラマヨも悶絶!

3Dコンディショニングボールの効果と口コミ

3Dコンディショニングボールを実際に使用した方の口コミをまとめてみました。

口コミ
口コミ
絶妙なバイブレーションとサイズで臀部やハムストリングのストレッチにちょうどいい!
口コミ
口コミ
ピンポイントでめちゃクソほぐせます!セルフケアに革命的な一品です。
口コミ
口コミ
体の裏側にも使えるのがとても良いです。
口コミ
口コミ
海外遠征に行くときにも3Dコンディショニングボールを持っていってます!
口コミ
口コミ
ピンポイントにめっちゃ効く!サイズ感も丁度いい!

3Dコンディショニングボールを実際に使用した方の口コミ(SNSより)を見ると、その効果はやはり高いようです。

まとめ

有吉ゼミでは、梅沢富美男さんと武田真治さんが「すごい!めっちゃ振動がくる!」っていう感じで、あまり筋膜リリースの重要性については紹介していませんでした。

キスマイの宮田さんが実践して「ああ!これは気持ちいい!」と感想を話していましたが、

不良姿勢からくる体の不調(首コリ、肩こり、腰痛、頭痛、耳鳴り、)が筋膜リリースで改善した私にとっては、

「もっとしっかりと筋膜リリースの重要性を紹介しろよ(゚Д゚)!!」という感じでした。

まぁ3Dコンディショニングボールの威力や凄さはきっちりと紹介していましたけどね。

筋膜リリースは時間がかかって面倒くさいという人もいますが、振動するタイプのストレッチ器具を使えば結構早く終わります。



>>公式サイトで確認してみる<<

体の不調に悩む方や、体のコンディショニングのセフルケアが必須のスポーツ関係者の方に、是非使ってもらいたいですね。

スポンサーリンク

関連記事
error: Content is protected !!