日記

エルサゲート対策 YouTubeで過激動画を避ける方法

エルサゲートとは、子供向けの絵や内容を装っておきながら、動画が進むとグロテクスな内容や適切ではない内容に変わっている動画を言います。

エルサゲート問題は2017年にはすでに欧米では問題になっていました。

子供が自分の好きなキャラクターの動画をYouTubeなどで見ていたのに、その内容は大人ですら引くような内容のものだったりする。

これは親からしたら本当にたまらない問題です。でも動画自体を見るなとも言えないですし・・・。

エルサゲートとは一体何なのか、対策法はあるのかなどについてまとめました。

スポンサーリンク

エルサゲート問題とは

すでに記したとおり、エルサゲートとは子供向けの動画に見えて、実は子供には不適切な内容の動画を言います。

欧米で2017年頃から問題になっています。

エルサゲートの「エルサ」とは、ディズニーで大人気の作品「アナと雪の女王」のキャラクター、エルサからきています。

エルサを題材にした不適切な内容の動画が多くなったことから、エルサゲートと呼ばれるようになりました。

ゲートとは不祥事や悪い事件などを意味する「~gate」から来ています。ウォーターゲート事件やレターゲート事件などと同じ使い方です。

子供向け動画に紛れ込む

エルサゲートの問題点は子供向けの動画に紛れ込んで表示されてしまうこと。

YouTubeを使うとわかりますが、目当ての動画を見るときや見たあとに【関連動画】【次の動画を見る】という流れで、

いろんな動画が次から次に表示されていきます。

便利な機能である反面、自分が意図していなかった内容の動画なども関連動画として表示されてしまうというデメリットもあります。

エルサゲート問題その一

子供向けのキャラクターなどを使った動画を作成しておきながら、その内容は大人でも目を背けるような動画である点

エルサゲート問題その二

YouTubeなどの動画サイトを利用している子供やその親が、意図していない動画が自動で流れてしまう点

この2つがエルサゲート問題で挙げられるポイントになります。

エルサゲート問題の対策を考える場合、この二点について考える必要があります。

エルサゲート問題の対策法

エルサゲート動画のアップロードに関して

まず、エルサゲート動画を作り、アップすることに関しては視聴者側では止めることはできません。

動画サイトであるYouTubeなどが、アップされた動画が適切かどうかを厳しく審査するしか手立てはないのが現状です。

YouTubeなども、エルサなどのディズニキャラクターや著名なアニメのキャラクターを使用した動画などは、著作権の観点からアップロードできないようにすることはできます。

◆YouTubeでも対処できないゲースも!?

アニメキャラクターをオマージュした、もしくは模したけど外見がほとんど似ていない場合などは、著作権侵害でのアップロード制限などは難しいです。

動画は実際に見てみないとその内容がわかりませんので、エルサゲート動画がどうかはアップロード時にYouTube側が判断することはできないです。

つまり、YouTubeでは、アップされた動画に対して、視聴者からの通報などを元にエルサゲート動画であるかどうかを判断して削除しているようです。

エルサゲート動画の関連動画対策

次に、エルサゲート動画が関連動画に表示されないようにする対策法です。

それはYouTubeで新たに作られた「YouTubeKids」アプリを使うこと。

子供向けの動画が優先的に表示される仕組みになっており、YouTube側も子供向けの動画がキチンと表示されるように動画内容のチェックが厳しくなっています。

◆YouTubeKidsで対策!

大人が使うYouTubeよりもエルサゲート動画が流れる危険性が低くなっていますので、

子供が動画を見るときは、YouTubeKidsを使わせるようにすると良いでしょう。

ただし、完全にエルサゲートを遮断できているというわけではなく、本当に稀にですが、エルサゲート動画が紛れ込んでいることもあります。

◆紛れ込んだエルサゲート動画対策として・・・

  • 子供一人で動画を見せっぱなしにさせないよう、子供が見ている動画を時々親がチェックするようにしましょう。
  • 子供が「この動画なにか変!」と言ったら、即対応してフィルタリングをするようにしましょう。

まとめ

エルサゲート動画はそもそも子供に嫌な気持ちにさせるために作られた動画ではなく、

人気のアニメキャラクターが突拍子もない行動をとることで視聴者に度肝を抜かせることを目的に作ったものが多いです。

大人が見るような内容の動画だったのが、アニメのキャラクターが使われていることから、子供の目に留まってしまっているのです。

一昔前は子供が動画を見ることを想定していなかったので、アニメのキャラクターを使った不適切な内容を動画として作ってもネタで済んだのですが、

今は小さいお子さんがインターネットを使う時代になっているので、子供に配慮した環境づくりも大切になってきています。

と言っても、インターネットは無法地帯であるのも現実。親御さんがキチンと対策をとってあげたいものですね。

スポンサーリンク

関連記事
error: Content is protected !!