ダイエット

くびれ母ちゃんストレッチ体操のやり方 一週間でウエスト-10cm

くびれ母ちゃんストレッチ体操を考案したのは村田友美子さんです。

41歳なのにものすごいくびれをお持ちの方で、スタジオは予約が取れないほどの大盛況ぶり。

食事も我慢せずにくびれが作れると大人気のストレッチです。

ぴったんこカンカンでくびれ母ちゃんのストレッチ体操のやり方を紹介していたのでまとめてみました!

スポンサーリンク

くびれ母ちゃんのストレッチ体操のやり方

ぴったんこカンカンでは、自宅で簡単に5分でできるストレッチを紹介していました。

このストレッチを行うことで姿勢が良くなり、下がった内臓が本来の位置に戻るとのこと。

そして驚くべくは、たった一日行うだけでも効果があると紹介していました。

猫背を治すストレッチ

村田友美子さんによると、「猫背の原因は小胸筋がかたまっていることにある」のだそうです。

小胸筋がかたまっているため、それに引っ張られて肩が前に行き、肩甲骨が開いて猫背になるんですね~。

準備

用意するのはボール。テニスボールでOKです。

小胸筋の付け根(肩寄り)を探しましょう

  1. 鎖骨の下の窪んでいるところを探す
  2. 窪みの横にボタンみたいな骨があります(鳥口突起)
  3. そのすぐ下が小胸筋です。
  4. 肩を後ろに引くと張りが出る筋肉です。

やり方

  1. 用意したボールを小胸筋に当てる
  2. うつ伏せになりボールを押すように体重を移動させる
  3. 両足を90度に折り、腕は90度に曲げる
  4. 片腕を床に付き、おへそを天井に向けるように反らす
  5. ボールに体重をかけた状態で姿勢を維持し90秒キープ!
  6. 反対側も同じように行います

村田友美子さんによると、日本人の95%は猫背なんだそうです。

特に、反り腰で胸を張っている人も隠れ猫背なので要注意!

猫背の姿勢でバランスをとるために胸を張って肋骨を開いている姿勢になっているのだそうです。

お尻ほぐしで骨盤を正す

お尻が固まると股関節が硬くなるので、お尻の筋肉をほぐしていきます。

そうすることで骨盤が正常な位置に戻りやすくなります。ほぐす筋肉は中殿筋です

準備

こちらもテニスボールを使用します。

やり方

  1. ヨガマットに体育座りをします
  2. 骨盤の骨の位置から垂直に下ろしたお尻の下にボールをセット
    (お尻に力を入れたときにできる窪みあたり)
  3. 片足は膝の上に乗せ、肩肘を付いて体重を乗せる90秒キープ
    このとき、前後左右に体を動かしましょう
  4. 左右とも行います

見て分かる通りメチャクチャ痛いですが、やっていれば痛くなくなります。

痛いということはそれくらい筋肉が固くなっているということ。くびれを手に入れるためにも頑張りましょう!

呼吸を止めずに行います。股関節がとても柔らかくなりますよ♪

肋骨と骨盤の間を広げる

内蔵を正しい位置に収めるスペースを作るため、肋骨と骨盤の間を広げるストレッチ体操が必要です。

その体操が今から紹介する体操です。

上半身と下半身をつなぐ筋肉「腸腰筋」をストレッチで伸ばすことで、空間を広げてあげることができます。

やり方

  1. 片足を一歩前に出し足の爪先に重心を置く
  2. 腰を落として重心を下に
  3. 前に出した足を二歩外側にズラします
  4. おへそを前に出しそのままゆっくり側屈します
  5. 左右ともに90秒行います

このストレッチをすると内臓が入るスペースが作られるため、くびれが絶対にできます!と村田友美子さんはお話されていました。

内蔵を押し上げるストレッチ体操

骨盤の下にある「骨盤底筋」を鍛えるストレッチです。

骨盤底筋はハンモックのように内蔵を支えている大事な筋肉で、骨盤底筋を引き上げることで内蔵が元の位置に戻り、

お腹がスッキリするようになるのだそうです。

準備

ペットボトルを準備(500mL)

ペットボトルを内ももに挟むことで骨盤底筋に力が入るようになります。

やり方

  1. かかとをつけてつま先を少し開いた状態で立ちます
  2. ペットボトルを内ももに挟み息を吸います
  3. ペットボトルが体の中心を抜けて頭の上まで引き上げるイメージで骨盤底筋や内ももに力を入れます

息を吐きながら行います。息を吐くことで横隔膜が上がり、体内の内臓も引き上げられるそうです。

体の中心を軸に、頭から串刺しにされたイメージではさみましょう。

くびれ母ちゃんのストレッチ体操の効果

くびれ母ちゃんのストレッチ体操は、体のソケイ部分である筋肉の凝りをほぐすため、

リンパの流れが凄く良くなるそうです。老廃物も流れるため体の調子も良くなる人が続出するのだとか。

一週間続けると10cmウエストが減る人もいるストレッチ体操。

ぴったんこカンカンでは女優の渡辺えりさんと河合盛恵さんが挑戦されたのですが、

一通りのストレッチでウエストが-2cmになっていました。

お二人ともなかなか体格がしっかりされていらっしゃるため、胴回りのお肉はすぐに解消されるものではないはず。

なのに2cm減ということは、内臓の位置が上がったためウエストが細くなったのだと思われます。

くびれ母ちゃんのストレッチ体操を続ければ、もっとウエストが細くなるかもしれませんね。

くびれ母ちゃんのストレッチ体操の本

ぴったんこカンカンでは4種類のくびれ体操を紹介していましたが、ボディメイクを考えるなら体のいろんな場所もスッキリさせたいところ。

くびれ母ちゃんのストレッチ体操は書籍にもなっていますので、さらに上を目指したい方は本を購入してストレッチ種目をさらに増やしてみると良いかもしれません。

まとめ

くびれって作るのがなかなか大変なのですが、今回の方法はしんどくないので簡単です。

しかも代謝が良くなりますし、肩こりなどの不調の改善も期待できますので、やらない手は無いです。

スポンサーリンク

関連記事
error: Content is protected !!