役立ち情報

新元号・令和の意味は?語源や選ばれた理由

2019年4月1日、新元号が発表されました。

『令和』

なかなかスマートでカッコいい元号ですね。勘違いしている人もいますが、施行は2019年の5月1日からです。一ヶ月は準備期間ということですね。

さて、ではなぜ『令和』が新元号として選出されたのか、その意味や語源、選ばれた理由について紹介します。

スポンサーリンク

令和の意味や語源

令和は、万葉集に編纂された梅の花の歌にその語源があります。32種の序文にある

「初春(しよしゆん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す」

から引用されました。

令和の語源の全文と訳

 

序文全文

天平二年正月十三日に、師(そち)の老(おきな)の宅(いへ)に萃(あつ)まりて、宴会を申(ひら)く。時に、初春(しよしゆん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す。加之(しかのみにあらず)、曙(あけぼの)の嶺に雲移り、松は羅(うすもの)を掛けて蓋(きにがさ)を傾け、夕の岫(くき)に霧結び、鳥はうすものに封(こ)めらえて林に迷(まと)ふ。庭には新蝶(しんてふ)舞ひ、空には故雁(こがん)帰る。ここに天を蓋(きにがさ)とし、地を座(しきゐ)とし、膝を促(ちかづ)け觴(かづき)を飛ばす。言(こと)を一室の裏(うら)に忘れ、衿(えり)を煙霞の外に開く。淡然(たんぜん)と自(みづか)ら放(ひしきまま)にし、快然と自(みづか)ら足る。若し翰苑(かんゑん)にあらずは、何を以(も)ちてか情(こころ)を述※1(の)べむ。詩に落梅の篇を紀(しる)す。古(いにしへ)と今(いま)とそれ何そ異(こと)ならむ。宜(よろ)しく園の梅を賦(ふ)して聊(いささ)かに短詠を成すべし。

天平二年正月十三日に、大宰師の大伴旅人の邸宅に集まりて、宴会を開く。時に、初春の好き月にして、空気はよく風は爽やかに、梅は鏡の前の美女が装う白粉のように開き、蘭は身を飾った香のように薫っている。のみにあらず、明け方の嶺には雲が移り動き、松は薄絹のような雲を掛けてきぬがさを傾け、山のくぼみには霧がわだかまり、鳥は薄霧に封じ込められて林に迷っている。庭には蝶が舞ひ、空には年を越した雁が帰ろうと飛んでいる。ここに天をきぬがさとし、地を座として、膝を近づけ酒を交わす。人々は言葉を一室の裏に忘れ、胸襟を煙霞の外に開きあっている。淡然と自らの心のままに振る舞い、快くそれぞれがら満ち足りている。これを文筆にするのでなければ、どのようにして心を表現しよう。中国にも多くの落梅の詩がある。いにしへと現在と何の違いがあろう。よろしく園の梅を詠んでいささの短詠を作ろうではないか。

赤字で囲っている部分が菅官房長官が会見で話をした部分です。

意味は・・・

初春の好き月にして、気候や心地よく風は和らいで、梅は鏡の前のおしろいのように白く咲いている。蘭は身を飾った香のように薫っている。

令和は「初春(しよしゆん)の月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風(やはら)ぎ」から取っているのでしょうか。

清々しい月と調和と柔らかいイメージが合わさっているので、おそらくそういう願いを込めて作られたのでしょう。

令和は誰が作ったの?

気になる新元号を作った人ですが、「令和」を作った人は「自分の名前は表に出さないで欲しい」と伝えたことから、

菅官房長官は令和を誰が作ったかは言及しませんでした。

令和という新元号の価値が一個人に結びつくのも良くないという意味もあるそうです。

なるほど、確かに作った人がわかったら、その人の行動が影響する可能性も出てきますからね。

選ばれた理由について

安倍総理が会見で「令和」が選ばれた理由について話しされます。

理由について、安倍総理の発言の全文

万葉集は最古に作られた歌集であり、皇族や官僚だけでなく、防人や農民など幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められている、長い歴史を象徴する国書です。

長い悠久の歴史と薫り高い文化、四季折々の美しい自然。そういった日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく。

厳しい寒さの後に春の訪れとともに見事に咲き誇る梅の花のように、ひとりひとりの日本人が明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。

そうした日本でありたい。そういう願いを込め『令和』と決定いたしました。

文化を育み、自然の美しさを愛でることができる平和な日々に、心からの感謝の念をいだきながら、希望に満ち溢れた新しい時代を国民の皆様とともに切り開いていく。

新元号の決定にあたり、その決意を新たにしております。

皇太子殿下がご即位され、この新しい元号が使用されることになりますが、国民各位のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

政府としてもほぼ200年ぶりとなる皇位の継承がつつがなく行われ、国民こぞってことほぐ(寿ぐ)ことができるように、その準備に万全を期してまいります。

元号は、皇室の長い伝統と国家の安泰と国民の幸福への深い願いとともに、1400年近くに当たる我が国の歴史を紡いできました。

日本人の心情に溶け込み、日本国民の精神的な一体感を支えるものとなっています。この新しい年号も広く国民にうけいれら、

日本人の生活の中に深く根ざしていくことを心から願っています。

新元号を日本の古書から選んだ理由

実はこれまでの元号はすべて中国の古書から引用していました。

しかし、今回は日本の古書「万葉集」から選ばれることになりました。

中国の古書ではなく日本の古書から新元号を選んだ理由について、安倍総理は「日本の素晴らしい文化を将来に受け継いでいく」という言葉を使って説明していました。

日本の国の元号なのですから、日本の古書から選ぶ。むしろそっちのほうが自然に感じますよね。

平安時代など中国の影響がとても大きかった時代ならともかく、今の日本は歴史を残しつつ未来を日本独自の未来を築ける国です。

日本の文化を記した最古の古書から未来につなぐ意味を込めて年号を作る。それが令和。

この考えはとても良いと思います(*^_^*)

まとめ

なかなか奥深い元号ですよね。

令和。日本国だけでなく、国民すべての平和や発展が進むことを願っています。

 

スポンサーリンク

関連記事
error: Content is protected !!