この差って何?

この差って何?ゴロゴロ体操のやり方と利き尻チェック方法 腰痛改善

この差って何?で紹介された「利き尻」。あまり聞き慣れない言葉ですが、簡単に言うと座ったときの左右の偏りを言います。

利き尻に体重が偏ることで骨盤や背骨が歪んでしまい、慢性的な腰痛になってしまう可能性もあります。悪化するとぎっくり腰やヘルニアを発症する可能性も!

利き尻になる原因やチェック方法、改善方法を紹介します。

スポンサーリンク

利き尻の原因

長時間座ると足を組んだりしますよね。これをすると片方に体重が偏ってしまいます。

これが利き尻になる大きな原因だそうです。

足を組む人は要チェックです!

利き尻のセルフチェック

  1. 両足の裏をくっつけて両手でつま先を持ちます
  2. その状態で床から膝まで距離を測りますこの時、左右のズレが生じていると利き尻の可能性があります。

左右の高さの差が5cm以上あると腰痛のリスクが高まりますので要注意です。

ゴロゴロ体操のやり方

利き尻の改善方法です。

  1. 仰向けに寝ます
  2. 両足の裏を合わせます
  3. 手で足首を持ちます
  4. 体を左右にゴロゴロ10回動かします
  5. 同じ体勢のまま前後に10回揺らします

なんと、この体操だけで先程チェックした膝の高さが変わります。

これだけの簡単な体操で改善するんですね。すごいです。

ゴロゴロ体操は股関節も柔らかくすることができるので、足の付根が硬い人にも有効です。

まとめ

腰痛がある方や足を組む方は利き尻の可能性があるので、ぜひ改善してください。

スポンサーリンク

関連記事
error: Content is protected !!