めざましテレビ

スマホ火傷が続出!夏の猛暑ではスマホに注意を!

最近の日本の夏は猛暑を通り越して酷暑が連日続く事態に。そんな中、スマホが原因で火傷する人が続出しています。

誰でもなるスマホ火傷。その対策や予防法などを知っておけばスマホ火傷やスマホの故障を回避できます!

スポンサーリンク

スマホ火傷とは

スマホ火傷とはスマホの本体が高音になり、それを知らずに使用したことで手や指を火傷することをいいます。

外気が高温になる夏場に外でスマホを使用していると、スマホ火傷になることがあります。

スマホ火傷を経験した人の声

スマホ火傷経験者
スマホ火傷経験者
学校の帰り道にスマホで電車乗り換えの検索をしていたとき、スマホが高温で「熱っ!」となって右指をヤケドした。赤くなっており何日も痛かった
スマホ火傷経験者
スマホ火傷経験者
そういや、昨日はスマホがとんでもないことになったな。熱湯に触れてるような熱さになった
男性の口コミ
男性の口コミ
スマホ火傷。えてしてみんな使い方が間違ってるような。炎天下の中、スマホを放置する、保冷剤で無理に冷やす、充電しながら連続で使ってインスタしまくりじゃ、そりゃ発熱するわと。。

おっと、確かに最後の人が言っているのは正解ですね。

猛暑の炎天下の中でスマホをずっと使ってたら、高温になるのは当たり前です(;^ω^)

⇒風で冷やすタイプのスマホ冷却グッズを確認 

スマホ火傷の対策

スマホには基本的には内部高温対策がされており、スマホで大火傷になるということは少ないです。

というのも、スマホには高音になると一時操作ができなくなる機能が付いているからです。

例えばiphoneの場合、極端な高温になると画面が「高温注意」という画面に切り替わり、スマホ本体の温度が35度以下になるまで操作ができなくなります。

またandroidの場合は一時的に電源が落ちたりします。

ですが、それでも40度近くまでは温度が上がりますし、38度くらいの熱でもずっと触っていたら低温火傷になることも。

スマホ火傷の予防法

スマホ火傷にならないために予防法は是非抑えておきましょう。簡単な方法ばかりです。

予防法その1

スマホが高音になる原因はアプリケーションが動いているとき。

アプリが動いていると高温になりやすいので、不用なアプリはできるだけ終了するようにしましょう

決して面倒臭がらずに、こまめに予防してくださいね♪

予防法その2

ゲームや動画を見ているときなどもスマホは熱を持ちやすくなります。

また充電中も熱を持ちますので、熱くなってきたら無理をせずに

一時止めることも重要です。

上記は基本的なスマホ火傷の予防法ですが、炎天下での使用となるとちょっとしたことでスマホが熱くなります。

特に夏の猛暑の中、外でゲームをやったり動画を見たり、持ち運びの充電器で充電したりするのはやめましょう!

外にいるときカバンの中で充電する人が多いですが、これ、結構危ないです!

炎天下で使用するなら、スマホを冷却するグッズで対策するようにしてください。

スマホ火傷対策にもなりますし、スマホ本体の熱を冷ますので故障予防にもなって一石二鳥!日本の猛暑対策の必需品ですね♪

⇒スマホ冷却グッズを確認してみる 

スマホの熱を逃がす裏技!

めざましテレビでスマホ火傷について紹介していたのですが、そこで「スマホの熱を逃がす裏技」というのを紹介していました。

その裏技とは「10円玉をスマホの裏側にびっしり貼り付ける」というものです。

10円玉は銅で作られており、銅は熱を伝えやすい特徴を持っています。

10円玉をスマホの裏側に貼り付けることで、スマホ本体の熱を10円玉を通して逃げやすくするというわけです。

まぁ、これはさすがに恥ずかしいので普通にスマホ冷却グッズで対策することをおすすめします。

⇒スマホ冷却グッズを確認してみる

まとめ

夏の猛暑の日にスマホが熱くなってビックリしたという方は結構多いハズ。

私もポケットに入れていたスマホが高温になって、ももが火傷してヒリヒリした体験があります。

さすがに最近のスマホでバッテリー爆発とか炎上とかないでしょうけど、スマホ火傷は普通に起こりえますので、

みなさんも注意しましょう!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!