病気

野田あすか 発達障害のピアニスト 演奏動画を視聴してストレス解消!

野田あすかさんが金スマに登場!自身の発達障害を告白されました。

野田あすかさんはご自身の障害のためにとても苦しい幼少時代を送られています。

そんな野田あすかさんにとってピアノはご自身を表現するための最高のツール。心に響く野田あすかさんの演奏動画などをまとめてみました。

スポンサーリンク

野田あすかのプロフィール

本名 野田あすか
居住地 宮崎県
生年月日 1982年
最終学歴 宮崎学園短期大学音楽科

笑顔が素敵な女性です(。>∀<。)

4歳の頃からピアノ教室に通われていたのですが、その頃から人との関係がうまく行かず、小学校の頃もいじめを受けていました。

ストレスのために自傷行為を繰り返したり、解離性障害(このころはまだ診断されていなかった)のために人とは違う行動をとったりしたことから、

転校を余儀なくされることも。ご両親も苦労されたと仰っています。

野田あすかさんの最終学歴は宮崎学園短期大学音楽科ですが、その前は憧れであった宮崎大学に進学されています。

しかし発達障害(このころはまだ「発達障害」とは診断されていませんでした)であったために人とのコミュンケーションがうまくいまず、

ストレスで過呼吸や倒れるなどの症状を繰り返しており、やむを得ず宮崎大学を中退されています。

私もパニック障害だった過去を持っていますが、ストレスで倒れる、呼吸がおかしくなるというのは本当に辛かったです。

宮崎学園短期大学音楽科で恩師である田中幸子先生と出会い、ご自身の気持ちをピアノで表現できるようになりました。

ここからピアニストとして急成長されます。

22歳のときにウィーンに音楽留学に行かれたのですが、そこでもストレスから倒れてしまい帰国。

そのときに発達障害と診断されました。

一気に体調は悪くなってしまいパニックを起こし、ご自宅の2階から飛び降りてしまい、右足は粉砕骨折して今でも車椅子を使っているようです。

なお、野田あすかさんは有名な漫画「のだめカンタービレ」のモデルになったという噂がありますが、その真相について
⇒野田あすかは「のだめカンタービレ」のモデルだったのか?でまとめてます。

また、金スマで発達障害を告白した栗原類さんとお母様の衝撃の事実について知りたい方は⇒栗原類の母親も発達障害だが、教育方法が素晴らしいと絶賛!

スポンサーリンク

受賞された賞

野田あすかさんがこれまでに受賞された賞です。

  • 2006年 第12回宮日音楽コンクールグランプリ
  • 2006年 同じく、全日空ヨーロッパ賞
  • 2017年 岩谷時子賞奨励賞

野田あすかさんが受賞された賞はこれ以外にもあるようです。心に響くメロディーは本当に素晴らしいの一言です。

ご自身が発達障害で人とのコミュンケーションがうまく取れなかったからこそ、言葉を介しない「音楽」での表現が聴衆の心に伝わるのでしょう。

野田あすかの演奏動画

こちらが野田あすかさんご本人です。

大きな苦悩を抱え、自傷行為を繰り返したりストレスでどん底に落ちた人の表情とは思えないくらい、飛び切りの笑顔ですよね。

いつも不平不満を口にして愚痴ばかり言う人の声を聞くよりも、

野田あすかさんの笑顔を見て、ピアノの演奏をずっと聴いている方が人生豊かになります。

この曲、スゴくいい曲です( ´∀`) 心が洗われる~。

野田あすかのCD

野田あすかさんはクラシック曲も演奏しますが、ご自身で作曲演奏をされています。

上記の動画の曲も野田あすかさんご自身が作曲されています。たまにご自身で歌を歌ったりもされています。

そしてCDブックも出版されています。

脳科学者が選んだやさしい気持ちになりたいときに聞く 心がホッとするCDブックは、

脳科学者でありホンマでっかなどのTV番組でもおなじみの中野信子さんとの共著です。

まとめ

自閉症スペクトラム、解離性障害という、人とのコミュンケーションが取りづらいとても辛い障害をお持ちの野田あすかさん。

しかしピアノという手段でご自身をのびのびと表現することができたことで、

人々とコミニュケーションをとる方法を得ることができました。

同じく金スマで発達障害で取り上げられた栗原類さんとお母さんの人生も濃い内容でした⇒栗原類の母親も発達障害だが、教育方法が素晴らしいと絶賛!

私達もいろいろ辛いことがありますが、彼女のピアノを通しての声を聴くことで、「解決する方法があるんだ!」と力をもらえるような気がします。

スポンサーリンク

関連記事
error: Content is protected !!