病気

野田あすかは「のだめカンタービレ」のモデルだったのか?

のだめカンタービレは2001年から2010年にかけて連載されていて、アニメやドラマにもなった、オーケストラを題材にした漫画です。

この主人公である「野田恵」さんをモデルにしたのが、野田あすかさんではないか?という憶測が出ています。

スポンサーリンク

のだめカンタービレとは?

のだめカンタービレは二ノ宮知子さんが描いた漫画で、その後ドラマにもなっていますしアニメや映画、ゲームにもなっています。

かなり大人気だった漫画で、ドラマやアニメの完成度は高く、多くのファンが「のだめカンタービレ」に魅了されました。

 

私もそのうちの人です(・ω・)/

以前漫画を全部読破してドラマ、アニメもすべて見たのですが、それから多分3回は見直しているくらいのファンです。本当に面白い漫画です。

あとドラマも秀逸で面白いですし、アニメもかなり面白いです。

のだめを見るなら!

FODならドラマも!アニメも!初回申し込みで期間中なら無料で見ることができます!

漫画も電子書籍で割引対象でお得!

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

内容は原作と一緒ですが、媒体が違うとここまで面白さが違うのか!と改めて知らされた作品です。

見てない方は是非見てください!本当に面白いですから!

なお、↓では野田あすかさんについてプロフィールや素晴らしい演奏動画についてまとめています。視聴する価値あり!です。
⇒野田あすか 発達障害のピアニスト 演奏動画を視聴してストレス解消!

野田あすかと野田恵の関係

のだめカンタービレの主人公「野田恵」は少し舌っ足らずな喋り方で、突飛な行動をする女の子として描かれています。

ピアノの才能がものすごくあるのにそれ以外は全然ダメという設定です。

この野田恵の設定が、野田あすかさんとそっくりなので、

ネットでは「野田恵は野田あすかさんをモデルにして書かれたのか?」という印象を持つ人が続出。

ちなみにのだめカンタービレの中で主人公の野田恵を発達障害という形では描いていません。

しかし、のだめカンタービレを知らない私の母が、ドラマの主人公:野田恵を演じる上野樹里の演技を見て、

「発達障害の子の話なの?」と言っていたくらい、言動が普通とは違う感じが野田あすかさんとかなり似ていました。

事実、のだめカンタービレの著者である二ノ宮知子さんは、「野田恵のモデルは実在する」と言っています。

しかしどうやら野田恵は、実在する「野田恵」という人物をそのままモデルにして作ったようです。

名前まで一緒にするとはなかなかすごいですよね(;^ω^)。

実在する野田恵さんは福岡でピアノの先生をされているのだとか。

のだめカンタービレの連載が始まったのが2001年で、その時、野田あすかさんは高校3年生ですから、

野田恵のモデルが野田あすかさんだっとは考えづらいです。

「野田恵のモデルは野田あすかだった」という説は正しいという人もいますが、時系列を考えるとそれは無いかなと。

野田あすかさんが高校生の頃にすでにピアノで有名だったというのなら話は別ですが、その頃は有名だったわけではないですからね。

スポンサーリンク

まとめ

私も最初野田あすかさんを見たときは、「のだめのモデル?」と思ったのですが、

いろいろ時系列などを並べ直してみると、どうやら違うと結論に至りました。

もちろん二ノ宮和子さんがどこかで野田あすかを知っていて、

当時は発達障害だと知らなかった野田あすかさんの雰囲気を『個性』として捉えてモデルに組み込んだというのなら話は別ですが、

そういった事実は調べる限り出てきませんでした。

ちなみに、ドラマの「のだめカンタービレ」で主人公の野田恵を演じた上野樹里さんは、撮影前に実在する野田恵さんと会って握手を交わしているそうです。

スポンサーリンク

関連記事
error: Content is protected !!